prev08next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-

プロフィール

shin

Author:shin
現在The University of Liverpool/Football Industries MBA 2007-2008 受講のためイギリスへ留学中

サッカークラブ:みやっちFC、ヴィーナスの活動記録や日々の日記等

E-mail: sasser3309@live.jp

Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

やっとゆっくり寝れる

うーーーーやっと煩わしかったエッセイが今日自分の手元を離れ、今何とも言えない開放感に浸ってます。かなりの睡眠不足だけど何故か元気でてきた。昨夜は推敲は一切行わず、校正、つまり誤字・脱字チェックや表紙作りなんかやって、今朝満を持して持参したんですが、今日になっていまさら、フォントはタイムズローマンだとか表紙には大学のロゴがいるだとか人の文献パックってませんっていう宣誓の文章と自筆のサイン入れろだとかぴーちくぱーちく四の五の言われて今日の午前中は他のクラスの生徒も一斉にコンピュータールームに集まり、仕上げの作業を行いました。

期日当日になってまだ時数が足りないとか、一度チェックされたエッセイ直してない奴とかいたり、更に上述の通り今日色々やんなきゃいけないことが出てきたりで、コンピュータールームは8月31日に夏休みの課題をやってる子供の集まりみたいな雰囲気でした。

そしてひとつ分かったのが、パソコン弱い奴が多い!!偉そうですが決して僕はPCに強くはありません。東京で一緒に仕事してた人なら分かると思いますが、何か分からないことがあると、すぐ内線で‘歩くPCマニュアル’ことY次長を呼び出しては自分で解決せずにヘルプ画面に出てくるイルカ君代わりに使って満足していたような人間です。

そんな僕でもそう思うくらいなので、僕に聞いてくる内容は、「文字数ってワードで数えられんの?」とか、「この3行だけ字下げしたい」、「ページ番号ってどうやっていれるの??」等々、おめーらまとめてアビバに送ってやろうかという位の質問攻めに合い、今日の午前中は辛うじて1時間半の授業中に表紙と宣誓書たった2枚をなんとか作り終えたという感じでした・・・Y次長今までごめんなさい・・・今あなたの気持がわかりました・・・ばちが当たったんですね。日本に帰ったら、次長の好きだった「ヴェローチェ」のカプチーノ奢ります・・・

これでテストも70%が終わり、残るテストはリーディング、リスニング(計30%)を来週月曜に残すのみとなりました。ということで週末に対策を練ろうと思いますが、リスニング対策に関しては、耳かきで耳の穴かっぽじっとくだけです!!



スポンサーサイト
 

EAP山場最終日

5時間・・・。ここ2日の睡眠時間です。やっと今日プレゼンの2回目の試験が終わりました。昨日はプレゼン準備をしてて寝不足だったんですが、一人に与えられる試験時間が5分ということで、「なんだ楽じゃん」って感じると思いますが、これが逆に難しかったんです。

日本の英語学校で20分のプレゼンをやったことがあるんですが、その時ですら調べものした量に対して20分で喋れる量って案外少ないんだなと感じたんでものですが、これが5分だけになるともっとむずい。

当初自分が設計したプレゼン内容から、与えられた課題の議論をするのに、本当に必要な情報は何で、どれだけ簡潔にまとめるか、その中でもやっぱりここはだけはゆっくり話したいなーみたいな作業が結構考え出すと時間がかかる。そんで寝不足。

睡眠時間の少なさに対して何故かこの2日授業中眠気に襲われることはなかったんですが、やっぱダイ・ハードな2日間でした。

そして今日はメールをチェックしたら昨日出したエッセイの添削がメールで返ってきてて、今日最終校正しをして、遂にエッセイ完成、明日提出という予定です。添削内容を見てみると、構造や論理的な話の展開については何も言われなかったんですが、ざっと目を通すと、

最も多い間違い第1位→冠詞(a, an, the)6割
第2位→可算・不可算名詞 2割
あとはその他文法上の間違い。

日本で勉強していた頃、「ハートで感じる英文法」という本を読んで冠詞と可算・不可算の使い方については、「俺開眼した!」と思ったことがあるんですが、まだまだのようです。仲のいいブラジル人の娘に、例を交えて日本語には冠詞に当たる文法のルールはないって教えたら結構びっくりされたことがあるんですが、ポルトガル語にはちゃんと同じルールがあるので、彼女は何不自由なく使いこなしてます。たまにどうしてもわかんねーという冠詞の使い方を彼女に聞くと、「なんか不自然、theがなくても意味は一緒で問題無いけど私はやっぱつける」みたいな答えが返ってくると、「俺には一生のテーマなのか・・・」と感じることがありますが、まあ気長に付き合っていこうと思います。

今日も料理をする余裕がなさそうなので、冷蔵ピザ生活3日目に突入です。
 

リヴァプール800歳

昨日は一睡もできなかった。今日が自分のエッセイを先生にチェックしてもらえる最終日だったため、昨日は夕寝をし気合いれてから推敲・校正をしようと思ったら、寝すぎた挙句、その後コーヒーを飲みすぎたせいで結局一睡もできず今日を過ごしてしまいました。それでまた今日おもいっきり夕寝をしてしまい、今夜中の12時過ぎから明日のプレゼンの準備を始めるという、なんとも計画性のないことをやってます。

さっき夕寝してるとき、パソコンをつけっぱなしにして寝てしまったのですが、メッセンジャーからメッセージが入ってきたときに鳴る呼び出し音の連発で起き、メッセージを確認すると、「今日はリヴァプールの800周年イベントで花火あるから観にいこう」という友達からの誘いでした。

もう少し寝たかったけど、日本の花火は観れないし、このイベントも滅多に観られないものかもしれないし、というわけでコースメイト野郎数人で出掛けてきました。

丁度寮の近くにあるHOPE STREETという大きい通り沿いのある一角に人がわんさかいたので、ここなら観れんべということで夜10時の花火開始まで5分程待機。あまりこっちでは日本人は見かけないのですが、今日は人が沢山街に出ていたため、それっぽい人もちらほらいました。たまに日本人ぽい人に出くわすとお互いガン見してるみたいなことがあるんですけど、そういう時は多分お互い、「あいつ日本人くせ~な」って思ってるんでしょうね。

僕らがいた場所は丁度リヴァプールの代表的な大きな聖堂(リヴァプール大聖堂とメトロポリタン大聖堂)の中間地点で、二つの聖堂が良く見える場所だったんですが、「花火どっから打ち上がるのかな~」と思っていたら、なんとライトアップされた両方の聖堂から盛大な花火が始まりました。これ日本だったら神社や寺から花火打ち上げるようなもんだなと思ったらなんか奇妙に感じましたが、やっぱ花火はいいもんですね。ただ丁度二つの聖堂の中間にいたので両方観るのに結構忙しかった。

日本だったらビール片手に焼きそば食いながら観るのが王道スタイルですけど、こっちでは路上の飲酒は禁止されてることと、8月だけど全然暑くないことから、ただただ上から来るものを下へ受け流すという感じで鑑賞しました。

いい写真があったので載せたかったとこですが、友達にもらった画像データの容量が大きすぎるため、残念ですが今回はお見せできません・・・

プレゼンの準備しなきゃ~
 

バンクホリデー

こっちでは日本でいう祝祭日のようなバンクホリデーという休日があります。銀行が休みになるからバンクホリデー、シンプルっすね。ということで今日は学校が休みだったんです。

今週からテストが増え、EAPコースで山場をむかえる僕にとっては、大変貴重な1日でした。昨日は終日勉強に集中するといいつつ、シティーセンターで開催されいてたイベント「ミュージックフェスティバル」にタイ人の友達5人から誘われ、滅多にないイベントということで、誘惑におもいっきり負けてきました。

まあ行ったのは夜だったんですけど、そのイベントには各国からバンドが集まり、主にビートルズの曲を各ライブハウスで演奏するというイベントで、小学生の頃ビートルズ好きだった僕にとってはなかなか楽しめるイベントだったんですが、また酒飲んでしまった・・・ノリノリになって、ライブハウスを出る頃にはTシャツが汗だくになってました。

そして飲んだ後のラーメンはタイでもポピュラーらしく、その後中華街でラーメンを食べてしまい、いけないと思いつつも思いっきり平らげ、現在メタボ街道順調に快走中です。



 

静かな日曜

来週火曜に提出しなければならないエッセイ(論文)の見直し・修正作業と水曜に予定されているプレゼン試験の準備のため、今日はひとり静かな1日を送っています。ということでEAP終盤に向けて今は英語スキル向上に集中している状況です(っていうか単に昨日何もしてなくてやらなきゃいけない状況にいるだけ)。

先週は日本人の先輩からかなりの数のマネジメント、サッカー業界関連の本をいただき、EAP終了と本コース開始までの11日間にできるだけ多くの知識を蓄えて9月からのコースに臨めるようにしようと思っています。本当に多くの本をいただいたので全て読むのは無理ですが、目標は、サッカー業界で、あるビジネスでいくら金が動いたなんて情報が入ってきたとき、その数字がどれほどのものなのか、そこから分かるサッカークラブ、組織等の思惑、戦略が自分なりに読み取れるようにするのが目標です。プラス、数年前からじっくり読めず溜めるだけ溜めてきた日経のスポーツ・サッカービジネス関連の記事の切り抜きもゆっくり読みながら、9月への準備をしようと思います。



 

初フットサル&初プレミア観戦

自ら先輩日本人FIMBA生にお願いして、今日はリヴァプールに来て初のフットサルをしました。場所やメンバー等先輩達にセッティングしてもらい、またお世話になってしまいました。すいません・・・

時間は1時間だったので、久々にフットサルやるには丁度良いと思っていたのですが、どんでもない。人数がぴったり10人だったことと、室内の壁に囲まれたコートだったので、休む暇なし。更に追い討ちをかけるように僕のチームはキーパー本職の人がいたので、疲れたらキーパーに替わってもらうという逃げ道もなし!30分してからやっと10分程休憩できましたが、もうその頃には灰になりかけてました。1日7,8試合こなしてた大会の方がまだ体力的に楽です・・・

先輩達曰く、いつもこのルールでやってるとのこと。もっと体力つけないと・・・ FIMBA生はやっぱサッカー好きだけあってハイレベルでした。

そして午後は待ちに待ったプレミア初観戦(エヴァートンVSブラックバーン)。この試合の前に、リヴァプールで起きた少年グループによる少年殺人事件の哀悼の意を表して、1分間の拍手(黙とうではありません)がありました。事件の詳細は↓
http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/merseyside/6963587.stm
この殺害された少年の母親が拍手の間、両チームのマネージャーの間に挟まれて立ち、なんともいえない悲しげな表情で立っていた姿に事件の悲惨さを感じました。

試合はというと、最初の10分過ぎ位からエヴァートンが中盤でボールをうまく回せなくなり、段々ロングボールかイージーにトップを走らせるようなパスの繰り返し。トップはみっちりマークされていて、ボールが落ち着くところがなくなり、徐々にカウンター気味のブラックバーンが優勢に。と思ったらやっぱりブラックバーンが先制、決めたのはサンタクルス!正直ミーハーなとこ結構あるんで見れてよかった。

で、後半に特に綺麗な流れの中からとかじゃなかったけど、なんとか1点返したエヴァートンが引き分けに持ち込み試合終了。開幕戦のエヴァートンはもっと面白いサッカーしてたんですけど、今日は・・・という感じの内容でした。

でもテレビで観てたプレミアを生で観れて、観劇です(正直ミーハーなんで)

明日はマジで勉強!!
 

EAP4周目終了

昨夜はFIMBA生の先輩4人と食事、パブに付き合っていただき、さらにテレビや教科書、リヴァプールの地図等色々いただいてしまいました。みなさん本当にありがとうございました。

さて、EAPは今日で4周目が終わり2/3を消化しました。今の時点でいくつかのテストを受けているのですが、今日は一番最初に受けたスピーキングテスト(プレゼン&グループディスカッション)の結果が返ってきました。

結果の方はというと、そんなに悪くはないんじゃないかという感じだったのですが、他の生徒の点数が分からないためいまいちなんとも言えません。自覚している自分のスキルからすると過大評価をもらったような印象ですが、ボディランゲージ、アイコンタクト、秋川雅史張りの声の張り等で何とかカバーしようと必死だったところを見てくれたんだと思います。

今日は金曜で明日から3連休のため、日本にいた頃のようにぱーっとしたいところですが、来週も2回目のスピーキングテスト等で忙しくなりそうなのでボディーランゲージに更に磨きをかけるため部屋で特訓しようと思います(笑
 

リヴァプールの地域性?

昨日は国際Aマッチデーということで、日本がカメルーンに勝ったみたいですね。こちらではネットで結果をチェックした程度なので詳細は分かりませんが、代表に戻って欲しいなと思ってた大久保と田中達が二人とも先発メンバーに載ってたので観れなくて残念です。

代わりにこちらでは「イングランドVSドイツ」の試合を近所のパブに観にいったのですが、プレミアのリーグ戦に比べて大分客が少なくなっていました。親善試合だから?と思っていたのですが、今日ふと思い出したことがあります。

渡英前、ブリティッシュカウンシルでお世話になったリヴァプール出身の先生から色々リヴァプールについて教えてもらう機会があり、リヴァプールサポーターの特徴について教えてもらったことがあります。

リヴァプールという街はUKの中でも特に多人種の街で、18、19世紀の産業革命時代の奴隷貿易が盛んだった頃、多くの黒人がリヴァプールにやってきました。また、19世紀のアイルランドでのポテト飢饉の際には多くのアイルランド人が、労働力の需要により中国、インド等から多くの人々がやってきた。スペインからの移民も結構いるという歴史背景があります。

イギリス国内でもリヴァプールは異質な感じで思われているようで、リヴァプール自体も特徴的な文化を築いていったことから、リヴァプール市民の興味はまず第1に自分の街、第2に自分の街、・・・のようです。従って、サッカー観戦でも正直イングランド代表にはあまり熱心でない人も結構いるようで、まあジェラード出てるから応援しようかみたいな意識なのかもしれません。(ちなみに昨日はジェラードはプレーしてませんでした。あと、決して全リヴァプール市民がそういうわけではないです)
※参考までに、その先生によると、イタリアもナポリは国内では似たような位置づけらしいです。

ということから、昨日の客数の少なさは、そういう理由だからなのかなと一人納得した夜でした。検証を重ねるため、次回はビッグイベントユーロ2008でも同様なのかチェックしてみたいと思います。
 

リヴァプール地ビール

今日はリーディングテスト後の開放感に浸る中、学校主催のツアー、リヴァプールの地ビール、CAINSのビール工場見学に行ってきました。今は夜の10時近くでちょうど今部屋に戻ったのですが、はい、かなり酔っ払ってます・・・

学校主催の旅行は常時無料!しかも今回はビール工場見学とあって2パイント(約1.25リットル)分のビール無料券をもらいウハウハ気分で飲みまくってしまいました。更に、女の子がもう飲めないといったビールまで飲み干したので、今、正直かなり酔っ払ってます。

しかし!明日は実際の大学の講義を受けた後、その理解度を図るテストがあるので、今日はもう寝て明日早起きするという戦略のため、もう寝ようと思います。でもこういう場面で早起きで来たケースはほとんど無し!!

でも今日は何もできませーん。明日早起きしてる自分をイメージしながら寝ようと思います!!
では
 

EAPコース4周目スタート

今日からEAPコースも4周目に入り、特に今週はテスト2回、論文の草稿提出など、かなり忙しくなりそうです。

初めて今日こっちの郵便局に行って封筒を日本に送ったのですが、受付のおばちゃんのリヴァプール訛り理解度30%程度でかなりショック!!

はーまだまだ頑張らねば

 

リヴァプールVSチェルシー

今日は午後4時から仲間たちとプレミアリーグ第2戦「リヴァプールVSチェルシー」を観戦。2戦目にして早くもヨーロッパでも屈指の2クラブの決戦とあって、試合開始同時刻に入ったパブは、すでに凄いボルテージになってました。前回観戦したパブと同じところだったのですが、改めてテレビの台数を数えてみると、14台+大スクリーン2台という数に改めて驚きました。

試合の方はというと、いきなり早い時間帯で動きがありました。ついに今シーズンからリヴァプールに加入したスペインの至宝フェルナンド・トーレスが前半14,5分、左サイドペナルティエリア外枠辺りでパスを受け、一瞬の間合いでDFを振り切り、ゴール右隅に綺麗に流し込み初ゴールとともにこのビッグゲームの先制点をあげました。

このときのパブの中の歓声は、多分一生忘れないと思います。

前半は1-0リヴァプールリードで終わり、午前中に会あったマンチェスターダービーでユナイテッドがシティーにまさかの敗戦もあって、客の誰もが上機嫌でした。

ところが後半に入ると、一進一退の攻防が続き、ちょっととらなくても良かったんじゃないっていう微妙な判定でチェルシーがPK獲得。ランパードがきっちり決めて1-1の同点。終始激しいゲームだった為、数えてないですがイエローは合計8枚は出ていたと思います。だだ内容自体は見応えがあり、お互いゴール前まで運ぶシーンが多々あり、内容には満足しました。結局1-1のままゲームは終了。

ちょっと悔しかったですが、マンUが今日は負けたので良しということに・・・

 

文化交流

今日は1日中部屋で論文を進め、日曜のリヴァプールの試合(対チェルシー)を全力で応援すべく今日中にやれることをやって明日に備えるというような1日でした。

殆どどの国の学生もMSNユーザートいうこともあって、メッセンジャーで中国のコースメイトバーニー、台湾のクラスメイトステラと会話を楽しみました。

バーニーが日本のドラマや歌が大好きということから、サブカルチャーの話になり、色々お互いの国の流行りなどを教えあったりしました。「これナウいよ」みたいなノリで・・・ゆきのー、ちゃんとエグザイル宣伝しておいたぞー、でもエグザイルがすぐ出てこなくて似てるから江口洋介って言っておいた。

中国ではロックの人気が無いらしく、ロック好きのバーニーとしては洋楽や日本の曲を楽しむしか彼の欲求を満たすものはないようです。香港、台湾にもいけてる音楽が豊富にあるらしく、中でも二人とも強く推薦してたのが、「May Day(五月天)」というバンド。教えてもらったYou Tubeの映像で数曲聞いたのですが、確かにイケてます。日本で言うとレミオロメンみたいな感じなんでしょうか。勿論言葉は理解できないのですが、字幕の所々で漢字の羅列にしか見えない歌詞を見ていると、「自己決定」とか「天使」、「純真」なんて言葉が出てきて、これ英語で「angel」とか「pure heart」って意味?って聞いてみると、「そうだよ!」なーんて会話をしてました。ベース担当はなんと僕らと同じ大学の卒業生らしいです。歌詞の内容もグッとくるみたいなので、マンダリンが好きな方には僕からもお薦めします。

また、日本と同様中国でも韓国ドラマがかなり人気らしく、金曜に中国の娘達と昼ご飯を食べに行った時も、みんな携帯の待ち受けはウォンビンとかでした。かわちゃんは絶対彼女たちと話合うと思うよ(笑)

それにしてもバーニーは日本のことよく知ってました。「絶対日本の娘は速水もこみち好きでしょ?」って聞かれたんですけど、確かみやっちFCにも大のもこみちファンがいたような・・・・
 

初テスト終了

昨日の記事に書いたディスカッションのテストが何とか無事に終わりました。昨日一応自分なりの環境問題に対する考えを頭の中で整理していたおかげで、全体を通して「ああ無事終わってよかった」という感じです。ただ所々文法変だったと思うし、話すスピードとかリズムとかももっと練習しないとだめだなという課題は残りました。

金曜恒例の午後のサッカーでは、初めてアラブチームに勝利!昨日の東アジア系チームは殆どサッカー出来る人で構成されていたので、パスワークが見違えるようになり、初めてうまくチームが噛み合いました。ただ、粗いプレーのアラブチームの一人に遂にヤンがキレて、途中みんなで仲裁するトラブルがありました。まあ試合後には仲直りしてたから良かったですが、僕も試合中、最高のパスを受けた後、最後のディフェンダーとの1対1をかわして、無人のゴールにあとは入れるだけという状況があったのですが、そのディフェンスを抜いた瞬間、おもいきりローキックを喰らいました。すね当てしてなかったので痛かったのですが、無人のゴールに至近距離でおもいっきりシュート叩き込んで怒りを発散。あーすっきりしたー、「俺キレさせたら大したもんですよ」。

夜はチューターがクラブに連れてってくれて、曲もかなり知ってる曲が流れていたので久々にクラスメイト数名、ウェルカムなネイティブの客達と一緒にはしゃいでしまいました。

ということで今日は浮かれ気分から頭を切り替え、論文を進めようと思います。

 

EAP3周目

明日でEAPコースも丁度半分が終わり折り返し地点まで来ました。

きりが良いところで、明日は初めてのテストが実施されます。形式は生徒同士のディスカッション、テーマは「環境問題」。2グループに分かれてそれぞれディスカッションし、その後自分たちの考えを他のグループにプレゼンし、質疑応答などに答えるという流れ。

明日それが終わったら今度は論文の草稿を日曜までに終わらせなければならず、今週はかなり忙しい週末になりそうです。

ということで今日はこれから環境問題についてじっくり考えるのでまた明日。
 

EAP3周目

明日でEAPコースも丁度半分が終わり折り返し地点まで来ました。

きりが良いところで、明日は初めてのテストが実施されます。形式は生徒同士のディスカッション、テーマは「環境問題」。2グループに分かれてそれぞれディスカッションし、その後自分たちの考えを他のグループにプレゼンし、質疑応答などに答えるという流れ。

明日それが終わったら今度は論文の草稿を日曜までに終わらせなければならず、今週はかなり忙しい週末になりそうです。

ということで今日はこれから環境問題についてじっくり考えるのでまた明日。
 

EAP3周目

明日でEAPコースも丁度半分が終わり折り返し地点まで来ました。

きりが良いところで、明日は初めてのテストが実施されます。形式は生徒同士のディスカッション、テーマは「環境問題」。2グループに分かれてそれぞれディスカッションし、その後自分たちの考えを他のグループにプレゼンし、質疑応答などに答えるという流れ。

明日それが終わったら今度は論文の草稿を日曜までに終わらせなければならず、今週はかなり忙しい週末になりそうです。

ということで今日はこれから環境問題についてじっくり考えるのでまた明日。
 

典型的な日本人の英語力 その2

昨日のつづき

さて、いま同じクラスにいる仲間たちの英語力を、あくまで僕のイメージで分析してみました。

・アラビア、インド系:かなり流暢、だけどアクセントが強く、たまに何を言ってるか分からないときあり。

・中国、台湾:自分より流暢。発音もわかりやすい。

・韓国:ヤンしかいないので参考にならず(海外生活長いので)

・タイ:自分と同じくらいかと・・・(失礼!)、アクセントは中東の人ほどじゃないけど特徴あり。

・南米:ブラジルの友達一人だけなのであまり参考にならないけど、流暢。発音もわかりやすい。

という感じですが、一番驚いたのは、中国の生徒は自分と同じくらいのレベルかななんて最初安易に想像してたんですけど、話すスピード、文法間違いの少なさは全般的に僕より上の人が多いことに一番驚きました。気になったのでちょろっと調べてみたら、

http://www.edvec.co.jp/research-institute/educative-info/overseas-info/2.html

なんてデータを見つけました。つまり、中国、韓国、日本の英語力は以前は五十歩百歩だったけど、ここ最近の中国の英語力の伸びは目を見張るものがあり、この3カ国のなかではTOEFLのスコアを見る限り1歩抜け出しているということです。

中国の友達に聞いてみたところ、確かに中国東部の湾岸都市(北京、上海など)は特に英語教育には力を入れていて、小学校から授業を受けているとのこと。なるほどー

参考までにブラジル人の友達にも聞いてみたら、文法構造はとても似てるし、単語自体も似てるものもあるから話すこと自体はそんなに苦じゃないと言っていました。確かにサッカーのシザーズをポルトガル語でなんて言うのか聞いたら、「ペダラーラ」って答えたので、「それって英語のペダルを漕ぐ動きに似てるから?」って聞いたら「そうだよ」って答えてました。その後彼女から、「ペダラーラならロビーニョのペダラーラを参考にしろ」とロビーニョのシザーズの素晴らしさについて数分熱弁を受けました。日本語は全く文法構造が異なり、I went to a park to meet my friend yesterday. を日本語の構造にすると、I yesterday to meet my friend go to a park. みたいになるって言ったら「へー」って面白がってました。

あと、このコースの仲間に共通しているのは、僕も含めてボキャブラリーにはあまり差がないということです。むしろ単語に関しては僕が逆に聞かれることなんかもあったりします。「シンはよく単語知ってる」なんて褒めてくれた友達もいますが、これはかなり昔、ターゲット1900をぼろぼろになるまで読んだなごりでしょうか・・・

ただ、このことから、会話のスピードの差は語彙力ではないことが仮定できます。もちろん単語は知っているに越したことはありませんが、もっと大事なのは日頃から英語で話す機会をもっと増やし、常に頭の中で文法構造を意識して喋ること。そして、生きた会話の中で、より身近で便利な日常表現を覚えること。今日これが言いたかったのに出てこなかったという表現を帰って調べたり他の人に聞いて覚えること。これが会話上達への近道と信じ、引き続き精進していきたいと思います。

で、早速今日スピーキング練習とこじつけて、友達とチャンピオンズリーグ予選のリヴァプール戦をパブに観に行ってしまいました・・・

 

典型的な日本人の英語力

リヴァプールでの生活を始め、英語で会話する日々のなかで、自分の英語力って世界の基準からどのくらいのレベルにいるんだろうと前から気になっていたことをお話したいと思います。

その前に、僕に関しては、今まで受けてきた英語教育は典型的な日本人のものと言えると思います。中学から英語の授業が始まり(小学校のときは日本人の牧師に週1回教えてもらっていましたが)、受験勉強のためにトリッキーな文法や単語ばかり覚え、大学卒業と同時に英語とはさよなら・・・そして26歳で再び英語に向き合ったときには何も身についてなかったことに気付く・・・あーなんて悲惨。

これでも学生の時は英語は得意だった方で、日本で語学学校に入るためレベルチェックを受けに行った時も、「まっ、中級位からのスタートかな♪」なんて高を括っていたのですが、外人を目の当たりにし質問攻撃を喰らい、「あ・・、あぅ・・・あい、あむ、あ ぺん」くらいの勢いで全然喋れず、「俺は英語こんなにやってきたのに、レベルはネイティブの2歳児以下じゃねーか!」と早速留学計画序盤の序盤にして大きな挫折を味わったのでした。

次に各国の留学生達(大学院専攻)の英語力はどんな感じでしょうか。前提として、これは詳細なデータではなく、あくまで僕の心証です。そして、このサマーコースの時点ではまだヨーロッパの生徒達はそんなにいないのでそれも除きます(英語が既に堪能だから9月の始業まで来ないだけ)。

つづく
 

EAPコース3周目スタート

早いもので、7月30日から始まった6週間のEAPコースも今日で3周目に突入しました。今のところ楽しんでやれているのですが、課題も徐々に増えてきて、そろそろもっとストイックに勉強しないと論文とかで苦しみそうだなという予感がある為、今週はより気を引き締めて勉強しようと決心しました。

まあそんな感じで今日は夕方から部屋にこもって復習やら宿題やら予習やらこなしていたんですが、大体いつも夜7~8時くらいになると、「ヘイ!シン!パブ行こうぜっ!」or「ヘイ!シン!サッカーしようぜっ」という韓国人のヤンからの誘いが携帯で必ず来ます。

ヤンは一番仲がいいタメの友達なのですが、「おまえはいつ勉強してんだ!?」というくらい、外出大好きっ子なんです。リヴァプールに来る前に1年他のUKの大学院に通っていたので、英語のサマーコースはちょっともの足りないのでしょうか、たまに日中授業はいなかったはずなのに夜パブにいて爆笑の空間を作ってた、なんてこともあります。

そんな彼ですが、気が合うし、専攻も一緒だし、熱い奴なので、ヤンの誘いを想定してなるべく付き合ってあげようと思ってはいますが、今のところ2日に1回程度付き合ってるのでしょうか。たまにサッカーの誘いを断ると、かなりさみしげに、「じゃ、サッカーボールだけ貸してくれ!」と頼まれ、ひとりで哀愁漂わせてトレーニングに励んでいるようです。で、10時位になると、「ヘイ!シン!」と部屋の外からヤンの声が聞こえ、窓を開けると、「Cheers!(ありがと)」と言って3階の僕の部屋にボールを投げて返し、「じゃ、また明日な!」と言って自分の部屋に戻っていきます。

ということで昨日は断ったので今日はヤンに付き合ってサッカーしてきました(笑)おもろいやつ。
 

北ウェールズ、スランデュノ旅行

昨日旅行で行った北ウェールズ、スランデュノの写真です。多分地球の歩き方とかにも載ってないんじゃないかな~と思いますが、かなり癒される海のリゾート地でした。前回のシンガポール同様、うー彼女と行きてーよーという感じの場所です。もし夏に行くならお薦めスポットです。ビーチは伊豆、商店街は軽井沢みたいな感じなのかな?日本で言ったら。

DSC01198.jpg

DSC01200.jpg

DSC01204.jpg

DSC01206.jpg

DSC01209.jpg

DSC01213.jpg

DSC01214.jpg

DSC01219.jpg

DSC01222.jpg


こっから下は次に訪れた大庭園(同じくウェールズ)

DSC01229.jpg

DSC01233.jpg

DSC01238.jpg

DSC01228.jpg

おっ、前にいるのはクラスメイトのリリアン(From China)。中国の留学生はみんな英語名を持っているんです←発音が難しいから


DSC01216.jpg

ではまた
 

ついにプレミア開幕!

さあ昨日は待ちに待ったプレミアリーグ2007-2008シーズンが開幕しました。午前中、学校主催のバスツアーでウェールズまで旅行に行き、夕方家に戻ったその足ですかさずクラスメイト達とパブへ繰り出す。

昨日のリヴァプールの開幕戦の相手は、アストンヴィラ。すでに前半30分が過ぎていて、近所のパブに入るとすごい人の数と熱狂ぶり。日本のワールドカップの試合のときのようなイメージです。ここでは「犬も歩けばパブに当たる」というくらいどこにでもパブがあって、どこも結構広い。そしてテレビを複数台完備していて、プレミアが観戦できるようになっています。特に僕達が入ったパブは、テレビの数が相当数あり、巨大スクリーンも2台あるという、サッカーファンにはたまらない場所にいったので、熱狂振りはなおさらでした。

既にこの時点で自分も興奮ぎみ。おじさんから今時のかわいいねえちゃんまで、酒を片手に地元のチームを応援する光景は素直にうらやましいと感じ、同時に自分の国にもプロのサッカーリーグがあるなんて、素晴らしいことなんだなと改めて思いました。

試合はというと、これまた初戦からドラマティカルな展開。
前半終了付近で相手のオウンゴールによりリヴァプールが先制。パブの人達のものすごい歓声のあと、危ないシーンがいくつかありながらも、試合は85分を過ぎ、リヴァプール勝利ムードになっていたその時、ペナルティエリアで相手のクロスをブロックしようとしたキャラガーがハンドを取られ、PKにより同点に追いつかれる。このときの周りのテンションの下がり方は半端じゃなかったです。

しかし、筋書きのないドラマというのはあるもので、後半ももう終わるという最後の時間帯、ゴールまで25M位のところでリヴァプールがフリーキックを獲得。そして、地元の英雄ジェラードがやってくれちゃいました。もうここしかコースないでしょってところに芸術的なフリーキックを叩き込み、結局2-1でリヴァプールが勝利。気づいたころには僕たちも熱狂の一部になっていました。

ああなんて素晴らしいサッカー文化・・・

という感じで試合後引き続き、韓国人、中国人のクラスメイトと自国の国のサッカー、アジアのサッカーについて夜更けまで語り明かしたのでした。

25日は「エヴァートンVSブラックバーン」をエヴァートンのホーム、グッディソン・パークにて生観戦する予定なので、初プレミア生観戦の感想をまた載せたいと思います(本当はリヴァプールの試合観たいんだけど、エヴァートンの方が取りやすかったので)。
 

リベンジ

EAPコースも2週間が過ぎ、大分ここでの生活にもなれてきました。そして来週早々には、「あぁ、あれ持ってくればよかった」と思っていたけど飛行機の預け荷物の重量の関係で持ってこれなかったものが、実家から届く予定でここでの生活もかなり楽になる予定です。

先週に引き続き、授業のない金曜午後、またサッカーをしてきました。前回やられたアラビック系チームにリベンジするため、30分早くグランドに行きアップをしたんですけど、結果はまた負け・・・

大分芝でのプレーに順応したので、前回よりはうまくプレーできたのですが、アラビック系のメンバーはもっと芝でのボールの扱いがうまく、関心してしまう程です。

それにしても相変わらずスライディングの嵐は恐ろしく、くさびで球もらって球離れが遅いと、後ろから足首を根こそぎ持っていかれるようなスライディングが飛んできます。前回骨折者がアラビックチームから出たと書きましたが、実は折れていなかったらしく、彼は元気にプレーしていました。ただ、腕に包帯ぐるぐる巻いていたのでかなりまだ痛いのだと思われますが、今日くらいその激しいスライディングやめればいいのに・・・

次回3度目の正直に掛けようとヤンと酒を飲みながら決心した1日でした。
 

あー残念

今日は授業終了後、韓国の友達ヤンと一緒にシティーセンターにスパイクを買いにいきました(この前はフットサルシューズで芝でプレーして滑りまくってアラブ系チームに惨敗したので・・・)

無事プーマのジャストフィットサイズ、白レザーの軽量スパイクを25ポンド(約6,000円)で購入し、金曜のリベンジに向けビリーズブートキャンプで体を絞ろうと思います。サークル!サークル!

UKの店は大体5:30にもなれば営業終了となり、この時間帯からパブで酒を楽しむ人がどんどん増えていきます。そしてこちらのこの時期はほんとに日が長いので、「こんな平日の昼間っから飲んでるよ、この国の人たちは」なんて思っていましたが、知らぬ間にこの国の文化に自分も染まっていたようで、僕もヤンと一緒に買い物の後パブで2パイント(1リットル)ビールを飲んでいました。

ヤンはこの前紹介したように、既に韓国のサッカー業界で仕事をしていた人間であり、今日の会話で驚いたのは、ある韓国の英雄も本当は今年僕らと一緒に同じコースを受ける予定だったとのこと。ただ、今その人はある急な事情により、今年は受けられなくなったと・・・

ここではなんのことかは明かせないのですが、この話を聞いて本当に驚いたのと、心底残念だと思いました。またこの話は時効になった時にでも、日本でみんなに話しますね。

それでパブから戻り今度はヤンの部屋で更にⅠ缶空け、部屋に戻り宿題に追われるという1日でした。
 

英会話でふと感じること

こっちに来てから早2週間が過ぎ、クラスメートと休み時間に喋ったり、食事したり、パブに行ったりしながら、自然とスピーキングの練習をしており、この短期間にしては自分でも結構会話の瞬発力は上がったかなと若干の手ごたえを感じています。

日本に居たころは、頭の中で言いたい文章がほぼでてきてから会話をしてたように思いますが、以前も書いたように、こっちに来てからは会話のテンポ、つまり瞬発力が要求されます。

そこでこっちに来て変わったことは、英文は全部考えてないけど、言いたいことは決まってるというとき、まず最初に会話を切り出すことができるようになったことです。会話を切り出せば、後は自分の文法知識とボキャブラリィを頼りに喋りながら自分の言いたいことを組み立てていくことになるわけですが、やはり途中で単語が分らなくなって言葉に詰まるんじゃないかっていう心配がでるんですよね。

日本にいたころは中々この切り出す勇気がなくて、頭で組み立てた文章は言葉にするけど、できないときは喋らない(喋れない)ことが多かったと思います。だから、なるべく瞬時に会話しながら英語の文章を考えてっていう努力をしてたんですけど、それはかなり非効率だったんだなあと感じています。

そこで!会話を切り出したときにとても重要なことが2つあります。ひとつは、色々な単語を複数の品詞で覚えていること。例えば、mean(意味する)っていう動詞がありますが、「そんなの意味無いよ」って言いたいとき、It で会話を切り出したら、It has no meaning. とかIt means nothing. になりますよね。で、会話をIt is まで言ってしまった場合、今のhas とかmeansは使えないわけですが、こういうときmeaningless(意味のない)っていう形容詞を知っていれば、It's meaningless.って文章を作れるわけです。さらにmeaningful(意味のある)って単語を知っていれば、その逆の意味の文章もすぐ頭から出てくる。

最近は言葉に詰まりそうになった時、勝手に形容詞系、副詞系の言葉を作って喋ったりしてしまうこともありますが、帰ってから辞書で調べると、ほんとにその単語があったりなんてことも頻繁にあります。多分、そういう単語の覚え方をしていると、センスで「この動詞だったら形容詞はこういう風になるだろ」みたいな予想ができるようになります。

もう一つは、それでも言葉に詰まってしまったとき、間をつなぐ言葉、well,um,uh, you know, let me see, What's the word for~(あれ何だっけ?)なーんて言葉を使えば、考える時間が出来たり、会話の相手が「言いたいことはあれでしょ」なんて助けてもらえたり会話はそれでもスムーズに進むわけです。まあ二つ目は会話のスキルが上がっていけば使用頻度も減っていくもんなんでしょうけど。

と、今日はわけの分らない内容ですが、最近の自分の頭の構造を整理したかったのと、もしこれから英語を覚えたいっていう人がいたら、偉そうですが今の僕位の英語レベルの人間のアドバイスってことで聞いてやってください。
 

ゆっくり

今日はどこへも出かけず洗濯、掃除等の家事をこなし、部屋でゆっくりしています 僕の部屋から近い所にヨーロッパでも有数の大きな「リヴァプール大聖堂」があり、毎週日曜は午後2時~3時位の間、鐘の音色が穏やかな街に響き渡ります。

全くうるさいと感じることはなく、逆に心地のいいサウンドとしてなんだか心が安らぐ感じです。

と、今日はこれと言って何もしていないので昨日のリヴァプール観光の写真を掲載します。

20070805223119.jpg

フェリー乗り場

20070805222949.jpg


20070805223012.jpg


20070805223035.jpg

20070805222901.jpg

20070805222812.jpg

20070805222812.jpg

20070805222715.jpg

これはうちの近所
20070805222653.jpg

20070805222641.jpg


ユーチューブでガキの使い「七変化(次長課長 河本編」観て一人で爆笑してました。ついに1位交代ですね。ほんとうけた
 

初オフ

今日はEAPが始まってから初のオフ。日中はクラスメイト達とリヴァプール観光。18、19世紀に船貿易で産業革命の中心となったシーサイドへ行き、マージー川のフェリーで街の景色を満喫する。

クラスメイトとの交流が深まったことと、いいスピーキングの練習になりました。特に韓国人留学生で、EAP終了後僕と同じコースを取るヤンは本当に愉快な奴で、韓国だけど性格はラテン系、この先よきムードメーカーになることは間違いありません。年は僕と同じなんですが、既に韓国のスポーツマーケティング会社で勤務経験があり、日韓W杯のときも、FIFAの要人の秘書的な仕事をしていた等、まさに年も同じ同級生ですが、色々彼からは吸収したいと思っています。

夜は、イギリスに来てから初めて日本語で喋りまくりました。というのは、今現在自分の専攻するMBAを勉強中の日本人の先輩留学生3人と
僕ともう一人今秋からコースを開始する日本人、計5人でパブ(日本の居酒屋のようなところ)へ行き、体験談やアドバイス、インターンの話等、これからコースを受ける僕にとってはかなり有益な情報をもらうことができました。当たり前なんでしょうけど、みんなサッカーをビジネスの面で見る眼が養われているなと感じました。年も僕の上下1個違いあたりだったので、話しもしやすかったです。
「本当にみなさん今日はありがとうございました」

久々に目覚ましかけずに寝れる~!!

 

EAP最初の週終了&初サッカー

今日はEAPコース(English for Academic Purpose)最初の週が終わりました。リヴァプールに来てからの英語学習について、ひとつ大きな変化がありました。それは、辞書を殆ど使わなくなったこと。これは、決して自分のスキルが自然に急激に上がったわけではなく、厳密に言えば、使う暇がないということです。今自分の回りは他国からの生徒たち、つまり常に会話は英語でないといけないわけで、辞書など使っていたら会話にならないわけです。日本でも極力辞書は使わず、分らないことは、「なんて言うんでしたっけ?」と尋ねるように心掛けていましたが、ここでは逃げ道がないというか・・・

日本語でもそうですが、会話しながら次に話すことを瞬時にサーチする作業、言いたいけど分らない、忘れてしまったというときに、瞬時に他の自分が知っている言い回しで言葉を発する。そういうのが日常の中で自然に鍛えられているという実感を持ちました。

ところでこっちに来てから初めて今日サッカーをしました!インターナショナルスチューデント同士の試合を行い、図らずして東アジア(韓国、中国、日本)VS中東の構図になり、結果は3連敗・・・日本の恥をさらしてきました。本当に久々すぎて体がぜーんぜんっ動かなかった。フレンドリーマッチだからスライディングとかなしっていうルールだったはずなのに、そんなのお構いなく、こちらのシュートレンジではキャプテン翼の明和東のようなスライディングの嵐。ハードプレーのあまり骨折者1名でる始末。フレンドリーじゃないじゃん・・・ と言い訳はここまで。絶対鍛えなおして再試合申し込む!

こちらでは「サッカーやろうよ」とメンバーを集めれば、気軽に広い芝生でサッカーができる環境です。フットボールマネジメントを勉強する僕にとっては、こういう草サッカーを気軽にできる「場所の問題」も同じような環境を日本でつくるにはどうしたらいいのかな~とひとつ課題ができました。ここ数年で、日本でもフットサル場の数が増加し、サッカー、フットサルの普及の面でも、一応人工芝だけど土ではないところでプレーができるというピッチコンディションの面でも、非常に進歩があったとおもいますが、それでもやはり天然芝でプレーできる環境整備の必要性を感じました。

僕の実家は比較的田舎なので、土のコートは見つかっても芝は見つかりづらい。だから実際今日プレーしてても、なかなか芝でのプレーに慣れず、不完全燃焼のまま終わってしまいました。先程ジョークでスライディングの話をしましたが、もしスライディングが今日OKだったとしても、土のコートで育った僕が実際芝の上でスライディングする意識があるかといったら、答えはNOです。このようなスライディングを仕掛けるタイミング、状況、間合い等は、やはり子供のころから芝のコートでプレーし、感覚を身につけていかなければいけないと実感しました。

よし、今日は3連敗したからシュートの素振り両足100回ずつだ!
 

EAP4日目

今日は初のライティングの授業の日。マネジメントに関するトピック5つの中から、自分が取り上げたいテーマをひとつピックアップし、大学内のコンピュータールームで参考図書の検索や閲覧の仕方等を教わる。自分は、「Human Resource Managementが組織に与える効果とはなにか」というテーマを選択。丁度今ドラッカーの「マネジメント」という本で勉強していた分野だったので選びました。

日本の大学も今はそうなのかもしれないですが、図書館に行かずとも閲覧できたり、貸出状況をチェックできたり、便利な時代ですね~。

今回のエッセイは1,200~1,500語という条件。日本では1,000語がマックスだったので、今から大変だな~と思ってしまっています。先生は、「1,500語なんて楽勝レベル」なーんて言ってるけど・・・ 確かに修士論文は15,000語なのでこんなところではへこたれていられません。

午後はチュートリアル(お笑いコンビではありません)といって、専属のチューターと個別に話し合い、疑問に思っていることや自分の専攻について考えていること等について15分程話合うという内容。今のところは授業も始まったばかりなので問題はなかったのですが、これからどうなることやらという感じです。

昨日はかなり大きいチャイニーズスーパーで日本の食材を多数発見!!嬉しくてたまらなく衝動買いしてしまいました。米、みりん、納豆、カレーのルー、めんつゆ、素麵、そば、カップヌードル等々。なぜか緑のたぬきは高くて£1.8(約450円)、これは棚にそっと戻しました。こっちでは赤いきつねと緑のたぬきは超高級カップ麺です。おでんや豆腐等もあり、俄然テンションが上がってきました!!今日はカレーよ!わーい!

 

授業2日目を終えて

宮川さん貴重な国内芸能情報ありがとうございます。なんか久しく見てない芸能レポーター達の顔を想像してしまいました。梨本さんとか・・・残念ながらアジアカップはオーストラリア戦も見れず、最近ネットで4位だったと結果だけ知り、非常に残念です。ただジーコの頃と比べて今の代表ってまだ成長過程にあると思っているので今の時点でベスト4は及第点と言える成績だったんじゃないかなと個人的には思っています。

関係ないですけど、シンガポール空港確かに広かったです。あまりゆっくりはできなかったのでいつかまた行きたいですね。

今日は授業2日目(今は大学の語学スクールEAPコースという授業を受講中)でした。授業は昼までで早々に切り上げ、生徒同士の交流を深めるため、学校側が「Treasure Hunt」なる4人程のグループに分かれてリヴァプールの街を色々回り、渡されたシートに載っているリヴァプールの街にまつわる問題を順番に解いていくというイベントがありました。小学生のようですが、おかげさまで同じグループだったタイ人、台湾人の留学生と仲良くなることができ、お互いの連絡先を交換したり等しました。

授業の後で、僕と同じ9月からのMBAコースを受ける日本人、あとブラジル人の女性ともゆっくり話す機会もありました。ブラジル人の彼女は、熱狂的なサントスファンで、仕事はサントス専門のジャーナリストとのこと。そして、「横浜フリューゲルス知ってる?」って聞かれて、「もうないけど知ってるよ」と答えたら、彼女の親戚がフリューゲルスのマネージャーだったみたいです。「サンパイオ、エバイール、ジーニョも知ってる」みたいで「どんだけ~!」という感じですね。こっちで日本人に合う確率は本当に低いので今日は日本人に知り合えた貴重な1日でもありました。

フリューゲルス・・・久々にエドゥーの40mフリーキックが見たい・・・モネールダンス、あとレゲエキーパー森、なつかしいあの頃が・・・

今後は、自分の日々の活動を振り返る意味で日々の活動等、頻繁に更新していこうと思っています。これは自己満の世界ですが、もしコメントがあれば何でも入れてください。あとみやっちFCの活動があればそちらも更新してください。

ではでは
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。