prev09next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------

プロフィール

shin

Author:shin
現在The University of Liverpool/Football Industries MBA 2007-2008 受講のためイギリスへ留学中

サッカークラブ:みやっちFC、ヴィーナスの活動記録や日々の日記等

E-mail: sasser3309@live.jp

Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ゲストレクチャー1回目

楽しみにしていた金曜のゲストレクチャー第1回が行われ、今回は70年代から80年代にかけてリヴァプールFC、イングランド代表で活躍し、更にリヴァプールFCでのマネージャー経験もあるPhil Thompson氏の講義でした。ブログで詳しい内容を載せられないのですが、氏の経歴からスカイでの職務経験等の話をしていただき、その後は質疑応答という流れになりました。選手、マネージャー、メディアでの職務経験等、トンプソン氏が経験豊富であることから質問の種類も多岐にわたるものでした。

午後はこのコースの卒業生3名によるパネルディスカッションが行われ、既にプレミアのチームやスポーツマーケティングカンパニーで働いている卒業生に質疑応答形態で色々コースに対する態度や将来のこと等を色々教えてもらいました。3人の話で共通していたのは、「ネットワーク」作りが重要ということ。この業界ではネットワークこそが重要な要素であるため、シャイにならず積極的に人脈作りをした方がいいということを全員が言っていました。

ふー1周目からハードな1週間だった。色々英語でもまだまだ苦労することが多くてフラストレーションも溜まることもありますが、ひとつ大事だなと最近思うのが、日々些細な進歩を見逃さずそれを自分で褒めてあげること。「今日はかなり長く会話ができたな」とか「ネイティブが使ってた表現が自然と会話で出せた」とか・・・そういうことを日々感じながら継続していればいつか俺はネイティブと同じスピードでペラペラになっているはずと信じています(笑)

今日はノルウェイ人のコースメイトからボートレースを観に行かないかと誘われているのでちょっくらコースメイト数人で楽しんでこようと思います。
スポンサーサイト
 

プレゼン終了

コース開始早々挨拶代わりのプレゼンタスクが今日終り、今はとにかくどっと疲れたという感じです。

今週は休みがなく毎日レクチャー聴講とプレゼンの打ち合わせ、そして英語でネイティブ達に劣る僕はひとり闇練習に追われ、平均睡眠時間は5時間くらいだったのでしょうか、料理する時間ももったいなくてろくな栄養も取れなかった・・・

とりあえず今日は終わった後の開放感から、数人でこれから久々にレストランで食事してきます。

そして開放感に浸る暇もなく、今度はエッセイの提出が間近に迫ってきました。今度はCSRについて個人でリサーチし、1000ワードでまとめるという課題です。ということで土日は論文作成のための文献探しで終わる予定です。

それでは貴重な束の間の休息を思いっきり楽しんできたいと思います。

P.S. ダイさん、今日は偶然会った時に気の利いた言葉もなくてすいませんでした。プレゼン直前で頭が爆発しそうで・・・
なにより修論本当にお疲れ様でした。僕も日々戦いの連続なので、1年先輩のサッカー業界での活躍を期待してます。また一緒に飲みに行ってくださ~い!
 

今日はお休みにさせていただきます

プレゼン前日でイケてないのですが全く余裕Nothinなため今日はお休みして明日詳しい内容を更新します。

こんな日に限ってマンUのシーズンチケットホルダーのクラスメイトが今日のリーグカップ戦を観にオールドトラフォード行かないかと誘って来て、かなり泣きそうです。
っていうかプレゼンの準備は!?ネイティブだからいいのか・・・
 

プレゼン準備

今日は朝9時にプレゼンチームで集まり、内容についての打ち合わせを行いました。プレゼンのテーマはCSR(Corporate Social Responsibility)。色々調べると、この言葉の定義は本によって違ったり、曖昧であったり、ヨーロッパと日本でも受け取り方がちょっと異なったりしますが、大義は、企業活動に関係している様々なステークホルダー(株主、従業員、地域住民、取引先等々)に対し、社会的責任を果たすという言葉です。文字通り社会的責任ということに関しては、環境への配慮等も含まれると思います。
そしてCSRのアドバンテージ、ディスアドバンテージを自分の専門分野でリサーチ、発表するというのが今回の課題です。

昨日も述べたように、IELTSスコアに一喜一憂してる僕とは違い、IELTSなんか9点満点で当たり前の仲間達の中で打ち合わせをするわけですから、今日はもしネイティブ同士で論議が発展し、早すぎて付いていけなくなったときのことを想定して先手必勝作戦で自分の言いたいことを予めまとめて行き、ミーティングが始まるや否や自分の考えを提案しました。結果的には僕のアイデアは採用されなかったですが、他のネイティブのアイデアが非常に僕も面白いと思ったので、それは良しとしましょう。こういうささやかな前進が後から生きてくると信じ、引き続き頑張ろうと思います。

午後4時から部活動のサッカーで紅白戦。一応また最低限FWの役目は果たしておきました(また偉そう)。結局逆転で1-2で負けちゃいましたけど。次回はキャプテンをみんなで決めたりユニホーム揃えたりするらしいのでこっちの活動も楽しみです。

明日は朝7時にプレゼンチームの一人とマネジメントスクールで打ち合わせの約束をしたので今日はこの辺で失礼します。

後半からリーグカップのリヴァプールVSレディングをパブで観戦しましたが、トーレスが爆発してハットトリック!いい1日だった・・・
 

初講義

遂に本格的に始まって参りましたFIMBA。そして今日は初講義があったのですが、今日のレクチャーはこれからの1年間、僕のスーパーバイザー(個別に色々やりとりしてくれる教授)でもあるRoger教授のレクチャーでした。

実はRoger教授はEAPの時に一度ゲストレクチャーとして講義をしていただいたことがあり、そのとき「聞き取りやすい英語だなー」という記憶が残っていました。僕の記憶通り今日も僕にとっては聞き取りやすいトーンと発音、さらにパワーポインタのスライド等も手伝って、かなり講義の内容を理解することができました。

先週の大学コンピューターシステムの説明会の時は、別のおじさん(すいません…)の説明があまり分からなくてちょっと俺大丈夫か!?ってかなりショックを受けたのですが、今日はちょっと自信を取り戻すことができました。

そして今週は木曜にいきなり全マネジメントスクールの生徒を対象にグループプレゼンテーションがあります。既にグループは決められており、僕の仲間は陽気な英語ペラペラのメキシカン、ルーニー系な顔立ちのリヴァプールっ子、韓国Kリーグのあるチームで働いていてこちらも英語ペラペラなコリアン、エールディビジよりもACミランが大好きなダッチガイ、イギリス出身だけど家はカルフォルニアの年配の方、という構成で、英語力は明らかに自分が一番下!でもあまり気にしないで自分がやれることをやるだけという気持ちでぶつかっていこうと思います。木曜のプレゼンを開幕戦のような気持で取り組むつもりです。

先週はみんなお互いに様子見みたいなところがあって、僕も今日からどんな会話をしてみんなと仲良くなろうかななんて結構考えちゃったりしたんですけど、あまり深く考えすぎることもなく、「マンU VS チェルシー観た?」なんて会話で切り出せば、そこはサッカー好きな僕らだけあって自然と会話が弾んでいきました。やっぱサッカーは便利だ。サッカーは観る、するだけじゃなくて人と人を繋ぐという意味では言葉としての機能も持っているんだなあとサッカーの素晴らしさを改めて感じました。

今日は早速プレゼンのチームで集まって、今日は個別にリサーチ、明日空いている午前中を利用してみんなのリサーチ結果について話し合おうとうちのグループは幸先の良いスタートを切れたと思います。

ということでこれから早速取りかかります。

PS ノブさん、僕のブログの紹介有難うございます。ノブさんのブログと比べると内容の薄いブログですが、これからもっと英語、大学生活、サッカービジネス等々、充実した内容になるよう頑張って更新していきます。そして修論本当にお疲れ様でした。旅行で十分体を癒してきて下さい(笑)
 

明日からいよいよ講義開始

今週はチェルシーのモウリーニョ監督解任、日本でも自民党新総裁に福田氏が決定する等、驚くニュースが連続してありました。こっちのテレビでも福田氏のニュースは放送されていて、経歴は勿論、靖国参拝に対するスタンスとか世界平和に向け国際的な協力もしていく方針等も紹介されていました。

今日は夕方4:00のキックオフに合わせ、マンUとチェルシーの試合をフラットメイトのネイティブと一緒にパブに観にいったのですが、チェルシーに元気がなかった・・・

一言で監督解任の影響と片づけるのは早合点かもしれませんが、所々中盤でいい組み立てをしても前線まで行けず、結局マンUに対して怖いシーンは全く作れず、逆に激しいファールで退場者を出したり、ちぐはぐなままマンUに思うようにされて終わったという印象でした。元々チェルシーサポーターではありませんが、いつもの憎らしい程の安定感のあるチェルシーは今日は影を潜めていました。強いチェルシーあってこその楽しいプレミアなので、なんとか早期に調子を取り戻してほしいと思います。

今週はもう1試合チャンピオンズリーグ予選、マンU対スポルディングリスボンの試合も同じパブで観戦しました。結果はマンUがクリスチアーノロナウドのゴールで1-0で勝利。この試合で初めてスポルディングの試合を観たのですが、負けはしたけどスキルフルな選手が多く綺麗なサッカーをするチームだなと感じました。スポルディングは今マンUで活躍しているクリスチアーノロナウド、ナニを輩出したチームでもあり、この試合でかなりポルトガルサッカーに興味を持ちました。これから要チェックです!

パブは騒がしくテレビの音が聞きづらかったため、これは後から知ったのですが、今回はチャンピオンズリーグというビッグな大会でマンUは敵にも関わらず、スポルディングサポーターはロナウドを温かくホームに迎え入れ、ロナウドが点を決めたときは彼もスポルディングサポーターに答えるため申し訳なさそうに手を合わせていたとのことで、確かにその時は何でロナウド点決めたのに大人しいんだよと思ったのですが、そういうことだったのねと知ったとときに、選手とサポーターのいい関係を象徴する感動的なシーンだったと知り、後から僕も感動したのでした。

さて、明日からいよいよ第1セメスター(1学期)も本格的に開始します。当面の僕のスケジュールは、

月曜 「基礎ポルトガル語(スペイン語が定員一杯だったのとブラジル人の友達ができたので任意で申し込みました)」

火曜 「Managing People(第1セメスター前半)、Managing Resources(後半)」

水曜 午前中に「英語のReading Class」、「各産業からゲストが来てレクチャー」。午後は入部した学部の11人制サッカーチームFRUMBA FCの練習か試合。

木曜 「Managing Environment(セメスター前半)、International Football Industries(後半)」

金曜 「Guest Speaker」サッカー業界の各方面からゲストを招いてレクチャー。

土曜&日曜 頭も体もエナジー使い果たして多分死んでる。レッドブル5本くらい飲んじゃってるかも。

といった具合です。日本にいたときに都リーグでやってた頃からもう2年近くが経過するため、水曜のサッカーで90分やったらはっきり言って死ぬと思いますので、試合には出たいけど45分で十分というわがままな僕は、なんとかスーパーサブのFWというインザーギのような立場になれるように頑張ろうと思います。

ちなみに12月15~1月6日、3月15日~4月6日はそれぞれまとまった休みがあり、さみしん坊の僕に会いに来てくれる日本からのお客様がいらっしゃればご連絡ください。
 

写真撮影

今日の写真撮影を終え、今週のコースイントロダクションがこれで終了しました。この土日は今後どうやって新しい仲間達とやっていくかリラックスしながら考えようと思います。

今日のセッションは多くのマネジメントスクールの生徒が一斉に集まっていたので、EAP終了後しばらく会っていなかった仲間たちに会うことができ、休みの間の話をお互いにしながら楽しい時間を過ごすことができました。

とりあえず今日は夕方から引越しの手伝いもして心地よい疲れからよく寝れそうなので、まだ10時半ですが明日は朝から精力的に活動しようと思うのでもう寝ようと思います。

ではー
 

FIMBA2日目とフレンドリーマッチ

昨日も触れたように、今週は多くの時間がコースの準備期間に費やされるため、履修科目の登録が今日の主な作業でした。2セメスター(学期)のうち、最初のセメスターは通常のMBAのモジュールを受け、セカンドセメスターから、サッカー関連の教科が入ってきて、プレイスメント(インターン)、修士論文という流れになってます。

そしてこれも昨日お伝えしたように、ネイティブやヨーロッパ、カナダ等の生徒の加入により英語のレベルが一気に上がったので、正直毎日が真剣勝負です。EAPの頃も壁に立ち向かってるなとは思っていましたが、今思えばあの壁は心地良い高さの壁だったなあとしみじみ思ってしまうような感じです。EAPの頃は授業が終わった後、たまに日本人同士で日本語で会話するのも息抜きのためにはいいことだと思っていたんですが、今は最大限英語を使おうという意識に変わってきました。運がいいのかどうかは分かりませんが、フラットメイトの年下のネイティブ2人が毎日にパブに誘ってくるので、彼らと会話をしながら英語を教わってる時間が貴重であり、癒される時間に変わってきました。

今他に心配なのはビザ延長申請のために韓国に戻ったヤンがもう2日目なのに消息不明、携帯も繋がらないということでしょうか。昨日はただ忘れてるだけなのかと思いましたが、さすがに今日は心配になりました。熱くなりやすいやつなので、こっちに戻ってきたけど変なことに巻き込まれたなんてことがなければ良いのですが・・・・

話は変わり、このコースならではなのですが、午後は交流を深めるためのサッカーが行われ、みんなサッカー好きだけあってかなり熱くサッカーに興じてきました。1得点で一応最低限ワントップの役目は果しました(偉そうに)。そしてここでもフレンドリーという名の粗い試合が行われたのでした(絶対次からすね当て付けよう・・・)。

明日は写真撮影のため、かなーーり久々にスーツ着用の予定です。
明日はスーツでビシッと!!


 

遂に新学期

昨日は更新をさぼってしまいましたが、正直ベロンベロンに酔っぱらってました。意識は全然まともだったんですが、帰ったらもうブログ更新する体力が残ってなかったという感じです。昨日は新しいフラットメイトの内、僕を含めて4人で飲みに行ったんですが、そのうち二人はネイティブの学生だったのでいい英語の練習にもなりました。

そして自分が嫌になるのですが、もろ二日酔いの頭痛を引きずりながら今日待ちに待ったFootball Industries MBA(FIMBA)の初日を迎えてしまいました。今週はコースイントロダクションに時間が使われるため、基本的には受け身で説明を聞くだけなんですが、感想として、

”英語のレベルが格段に上がった”ということです。今年は25人の生徒が受講するのですが、コースメイトの内訳は、ネイティブ5人、オーストリア2人、メキシコ2人、ノルウェー1人、カナダ1人、ジャマイカ1人、インド1人、ブラジル1人、韓国2人、中国1人、日本人4人、後はまだ今のところ分からず、という構成で平均年齢は30位かなという印象です。

EAPもスキルアップにはいいコースでしたが、今日は心底、「死ぬ気で英語頑張んないと生き残れない」と感じました。まあ一つ決まっていることは、”もうやるっきゃない”なので、気負いし過ぎずに時間を有効に使って頑張っていこうと思います(笑)

昨日は飲み過ぎて今はビールをしばらく見たくないのですが、生徒の一人が企画して今夜パブに行くとのことなので、なんとか自分をアピールできるように顔を出そうと思います。英語のスキルが劣る部分については、「しゃーねーじゃん、だって俺日本人だもん」という楽な気持で、ただ空気だけは壊さないように会話に参加してこようと思います。

これからは毎日が超真剣勝負になりそうです!やるぞー!!
 

Welcome Event

海外留学生向けのイベントとして、今日は大学主催のウェルカムイベントが開かれました。EAPの時も似たようなイベントが開催されたのですが、今回は規模も学生の数も費用も前回とは比べものにならない大きさでした。

朝から大学の大きなシアターホールで学校側のプレゼンで生活の注意点や心構え等、一通り説明を受け、その後用意された昼食、午後からはリヴァプール観光(これはパスしました、前回行ったので)、最後はホテルに移動して広い会場でビュッフェ形式のディナー、極めつけは食事の後テーブルを片づけて部屋が暗くなり、「なに?」と思ったら、いきなりDJ登場、ホテルのホールは一気にクラブに・・・という1日でした。

今回はEUスチューデントやインド系の学生も多く、EAPの時は「ここは中国か」という程中国学生が多かったのですが、さすがに今回は色々な国から来ている印象を受けました。プレゼンの時に94カ国から来てるっていってたなーそういえば。日本人ぽい人を見れば半分の確率で大体当たる(残り半分は台湾人と間違える)ので、スカウターを使ってキョロキョロ見回したんですが、今日は見つからずでした。(でもいないっていう方が確率は低いと思うのでどっかに居たはず)

このイベントは2日間の日程で開催されているので明日もあるんですが、内容は同じなので明日は昼飯だけタダで食わせてもらって、今日スラムダンク話で盛り上がった仲間たちと午後は3on3をしにソーシャライジングに精を出そうと思います。今夜はイメトレの為、夢でみっちゃんのスリーポイントシュートが見れればいいなと思います。

ずっと部屋にこもって、最近運動してなかったからそろそろかるくやばいという理由もあるので・・・
 

便利な時代

今丁度夜の12:00。フラットの近所はとても静かで快適なんですが、今突然クラッカーの音がちょっと離れた所からこだまし、少しの沈黙を挟んで「ハッピバースデートゥーユー♪」と複数名と思われる大合唱が始まりました。隣のフラットでサプライズ系のお祝いかな。いいな~と思いながら夜を過ごしてます。

今日は数人で昼間パブへリヴァプールVSポーツマス戦を観戦し、その後は中心街へ買い物へ。部屋に戻りまた読書等しながらこの時間になってしまいました。意識してなかったけど、最近昼でも平気でビール飲んでるな・・・

今はメッセンジャーでEAPのコースメイト達とチャットをしていたんですが、よくよく考えるとこのチャットもほぼ毎日している日課のようになっています。

日本にいる時に僕はこのMSNのメッセンジャーのことを知らなくて、渡英直前に同じ英語学校にいた友達から、イギリス行ったらこれで連絡取り合おうってやり方を教えてもらったんですが、その時はまだ5人程しかアドレスを登録してませんでした。

こっちに来てから携帯番号などを交換するときに大体MSNのアドレスも教えてって聞かれるので、知っといて良かったなあと最初の頃は思っていたんですが、今日自分が登録したアドレスの数を確認したら、35人に増えていて、随分友達が増えたものだとしみじみ感じています。

毎日誰かしらメッセージを入れてくるし、自分も用事があれば誰かにメッセージ送るし、色々情報交換したり、旅行で撮った写真とかも簡単にデータで送受信できたり、メッセンジャーはかなりここでの生活に欠かせないツールになっています。

ただ難点はチャットでの会話が弾みすぎると自分のすべきことを忘れてしまうこと。今日も1時間以上チャットしてしまい、1冊読み上げようと思っていた本を途中で残すことになってしまいました・・・

明日は最後の休み。持参してきた習字道具で書道をして精神を統一でもしようかなと思います。
 

嵐の前の静けさ

今日も学校行って物凄い静かなコンピュータールームで本読んだり、スーパーに行ったり、ゆったりと過ごしました。

月曜からいよいよ新学期が始まり、こんなゆったりとした静かな過ごし方もできなくなると思うと、ちょっとさみしいなという思いです。

今日は偶然EAPのクラスメート3人からMSNでメッセージをもらったのですが、みんな旅行を楽しんでるようで、パソコンでのメッセージのやり取りでも楽しそうな感じが伝わってきました。

明日はリヴァプールの試合が昼の12:45からあるので、久々にパブで昼酒したいと思います。

 

新学期近し

ひたすら1日読書してました。サッカー関係の日本語の本を朝から2冊読んだのですが、人ともあまり今日は触れ合ってません。そのせいかなんか頭がぽーっとしています。

今回越してきたフラットは3階建てで高くはないんですが、かなり横に長い造りになっています。しかし内部は全部つながっているわけではなく、壁で均等に仕切られていて、1つのしきりが7部屋程(1階~3階まで)になるように分けられているのが特徴です。

僕は越してきたばかりなので、自分のブロックにいる初対面の人には必ず挨拶しているんですが、話を聞くと今のところ全員去年入学した学生で、みんなこの数日でもうフラットを出て行くとのこと。そのため今日は出て行く荷造りなんかでかなり忙しそうでした。

来年は自分がこの状況にいるんだなと想像すると、1日を無駄にしないよう今日何をすべきかしっかり考えてこの1年を過ごさねばと、襟を正す1日でした。
 

リラックスタイム

今日も日中は学校に行って一人英語の勉強。夜は友達と会って食事という1日でした。今日は日本人の娘と二人だったので、僕のフラットのキッチンで思いっきり日本語で喋り、もろ日本の味っていう感じのカレーを作り、二人で「日本の味だ・・・」と喜びを分かち合いました。たまにはこういう日本語で思いっきり喋って食事を楽しむのもいいリラックスになりますね。

残念なことにロンドンで会おうとしてた友達が今週末までは、先週の僕のような追い込み+引っ越しでかなり忙しいとのことなので、また時間があるときにお預けになってしまいました。なので今週末まではこの生活スタイルを続けようと思います。

DSC01279.jpg

こっちにきてもう結構作ってる自慢のカレー

 

ソーシャライジング

部屋にこもっているとだらけた習慣がついてしまう予感がしたので、今日は夜に中国人のコースメイトと日本人の考古学専攻の娘と夜食事に行く約束をした後、大学の静かなコンピュータールームで朝から自習をしてました。

夜の食事は中華街にあるチャイニーズレストランに行き、3人で2時間ほど会話を楽しみ、またいいスピーキングの練習にもなりました。

一緒にいた中国人のケニーとは専攻も同じなので、今まで先輩から聞いた情報を基に、これからの心構えというか、戦略というか、どうやってこれからの試練を乗り切ろうか(笑)みたいな話をして、「プレゼンの練習をお互いに評価し合いながらやろう」とか「日頃からお互いのアイデアに関してクリティカルに突っ込んだ質問をし合おう」というようなことを決めました。彼は僕よりも年上でビジネス経験も豊富、話や考え方も芯が通っているのでちょっと兄貴みたいな存在です。

まだロンドンで会おうとしてる友達の予定が分からないので、多分明日も同じような1日になると思います。
 

DREAM

昨日記事の最後に書いた「サッカー業界での就職の件」について、今日はまた日本人の先輩のお話を聞きながら、自分なりにまとめた考えについて話したいと思います。

僕はこのリヴァプール大学のFootball Industries MBAに出願した際、大学院に提出した論文に、「日本のサッカーは順調に発展している。だがまだまだ普及・強化・興業ビジネスとしての成功のポテンシャルを秘めていると思っている。自分はこのマネジメントスクールのMBAを取得してサッカー業界に関する知識・見解を養い、更に今までのビジネスキャリアを生かせる分野で日本のサッカー界に将来貢献したい(要約)」という内容の論文を書きました。

この目標はこの先も変わらないと思いますが。ところでみなさん日本サッカー協会の「DREAM 2005年宣言」を知っていますか、(詳細はこちら↓)
http://www.jfa.or.jp/jfa/2005/

簡単に言うと、JFAはサッカーを通じて日本にスポーツ文化(観る・する)を根付かせ、最終的には2050年までに日本でもう1度ワールドカップを開催し日本が優勝するという内容なんですが、はっきり言って僕はこの目標(プロセスも含めて)にかなり共鳴しちゃってます。自分も子供の頃から、サッカーが中心だったけど、他にも色々なスポーツをしてきて今も健康でいられてるし仲間も沢山出来たし、10歳の頃マラドーナにしか興味がなかった僕が、日本サッカーの目覚ましい進歩を見るうちに日本のサッカーが好きになったし、自分が死ぬまでに一度日本が世界の頂点に立ってほしいなあという願いもあり今こうしてここにいるわけです。

で、長い前置きの後就職についての話なんですが、やっぱりそこそこのビジネス経験があって、英語ができてスポーツマネジメントを大学院で勉強してきただけでは就職は別に楽ということはないという現状は、やっぱりそういう人材が別に珍しいものではないからだと思います。プロのサッカーでいえば、プロだけど平均的な選手っていう感じかもしれません。

では更に、「あなたは他に何ができるんですか?」っていうことになっていくと思うのですが、例えばすごい交渉力に長けてるとか、英語以外にも3ヵ国語喋れますなんていう、サッカーで言えば俊介のようなキックを持ってますとか、クリスチアーノロナウドのような足技持ってますっていう自分にしかない武器を手に入れることが重要なのかなと思っています。

キャリアの積み方にしても、上述した自分の目標を最終のゴールとすると、今のスキルでは自陣のペナルティエリアから相手のゴールを狙うようなものなのかなという風に思っています。ボールが相手のペナルティエリアまで届かないかもしれないし、万が一入るかもしれないけど可能性は低いかもしれない。すぐにゴールできなそうだったら、自分のスキル(技術)を高め、なるべく少ない手数でゴールに近づく。また、ちょっと自分の目標と違うと思ったキャリアを選んで一見回り道したと思ってもそれが意外に有効なサイドチェンジで一気にゴールに繋がったり。それも、やっぱり自分の勘(センス)を高めて、「チャンスになる」と思ったからこそ成し得るものだと思います。

とまあ無理矢理サッカーに例えた僕の今後の就職を見据えた考えなんですが、今日先輩からいい言葉を教えてもらい、このような考えに至った次第です。
「自分のゴールをPerfomance GoalではなくLearning Goalと設定すると、今自分がやってること全てはゴールへのプロセスである。
All you have to do is to close the goal!」

これは僕や先輩に限らず誰でも当てはまる言葉だと思います。
みなさんの夢は何ですか?


 

誘惑に負けそう

今日は電化製品のセッティングとかこっちの先輩にもらった本を読んでたりしたら1日終ってしまった・・・

他のEAPのコースメイトは今日あたりからスペイン、フランス、スコットランド等々、各旅立先へ旅立って行きました。彼らが旅立つのを傍らで見ていると、正直「俺も何処か行ってバカンスしてーよぅ」と正直思ってしまうのですが、前に宣言した通り、この期間を勉強と自分の精査、「しんすけ in Liverpool 第2章」を成功させる為の足がかり期間と位置付けたので、なんとか我慢しつつも、もやもやしながら1日を過ごしました。

さらにさっき同級生の日本人の仲間がドイツまでの往復航空券60ポンド(8,000円位)で購入したという話を聞き(こっちの格安航空券は本当に格安なんです)、「もう誘惑に負けて行くしかねーかーフランスあたり」と思いましたが、なんとか踏みとどまってやっぱり旅行はせず、ロンドンで友達に会う用事だけで我慢しようと思います。

今はパソコンの前で1年先を行く日本人の先輩のブログを観てたんですが、今日はスポーツ業界への就職についての記事で色々考えさせられる内容でした。もう1度この1年どうやって過ごすか考えながら今日はもう寝ようと思います。もう深夜1時過ぎてしまった・・・ 
 

今度リハウスしてきたしんです

昨日お話したように今日は急遽次のアパートへ引っ越しすることになり、なんとか無事終了しました。荷造りをしてびっくりしたんですが、この1か月半で、自分の荷物が来たときの4倍程になっていたんです。来たばっかりのときでも、「すごい荷物持ってきたな俺」と思ったくらいなんですけど、全部必要なものしか置いていないので、とりあえず気合いを入れて全部持って行きました。

今日は僕のように急にフラット(こっちではアパートをこう呼びます)追い出された生徒達が多数いたので、朝から引越しパレードのような賑わいだったんですが、逆にこの状況が自然にチームワークを生み出し、ばったり会ったEAPのコースメート達と、「お前も俺と同じフラットか!じゃあ交替でお互いの引っ越し手伝い合おう」とか、道でタクシー拾ってくれる仲間や、荷物運ぶ時にドアを開けててくれる仲間等いて、本当に僕も助かりました。

そして今日初めて自分の部屋を見たんですが(見ないで決めた・・・)、最初は自分の部屋が1階と聞いていて、部屋の前は比較的大きい通りに面してたので、不在時に窓から侵入されないかなと心配していたんですが、実際僕の部屋は丁度ストリートとは反対の、塀で囲まれたフラットの内側に面した部屋だったのでほっとしました。しかも地上階には僕の部屋しかなく、事実上共同の風呂やトイレ等は僕のプライベート用になるという予期しなかったメリットがありました。そして見ないで決めた理由・・・大学のマネジメントスクールまで徒歩30秒!

また、最初部屋に入った時はちょっと狭いと感じたんですが、逆に収納設備が前の部屋より格段に充実していて、結果的に荷ほどきを終えた後は、新しいフラットの方が快適ですぐ気に入りました。築2003年らしいので部屋も綺麗だし。

今日は同じイギリスに住む友達が遊びに来る予定だったんですが、勝手な僕の事情によりキャンセルさせてもらうことになってしまいました。本当にごめん。

引越しにより結束を固めた我らEAP軍団はその後、みんなでディナーに行き休みの予定なんかを話し合いながら、僕を含め数人はさらにユーロ2008予選「イングランドVSイスラエル」観戦の為パブへ。

そして今夜9:30。紅茶飲んでまったりしてます。部屋の感じはこんな感じです(外観は夜なのでまた次回)。あと椅子とカーテンの色が女っぽいと思わないでください。これ最初から付いてるやつなんです・・・


DSC01277.jpg



DSC01278.jpg

みんなにもらったユニホーム持ってきてまーす
 

EAP修了

この日がやって来てしまいました。リヴァプール生活の一区切りとなる日、今日をもって晴れてEAP(English for Academic Purpose)コースを無事修了することができました。

まずは僕が新学期から受講するFootball Industries MBAの日本人の先輩方にお礼を言いたいと思います。慣れないイギリスでの生活にフィットできるよう、精神的なケアから家財道具、電化製品なども提供していただいたり、かなり面倒を見ていただいたおかげで、気後れすることも、不安を感じることもなくリラックスしてコースを受講することができました。本当に有難うございます。

最後に取り組んだポスター展示は結局3位以内には入れず結構悔しかったんですが、いつも賢くて綺麗な英語話す娘やなーと感心する台湾人のクラスメイトが3位に入ったので、自分の仲間から一人入賞者が出て、クラスメイトで祝福できたことは良かったと思います。

今日は送別会を兼ねたランチパーティーが開催され、みんなで写真を撮ったり、楽しく会話したり、さみしいいなーなんて別れを惜しもうとしたら結構僕と同じくリーディングの補習クラスを新学期から受けなきゃいけない奴が結構いることが判明して笑ったり・・・新学期から更に大変な生活になるけど、この6週間貴重な経験ができて本当に良かったと実感しています。中国、韓国、タイ、台湾、カタール、サウジ、ブラジル・・・様々な国のな友達ができ、この6週間で僕の中での世界がかなり身近に感じられるものになりました。

と余韻に浸っているのですが、実はそんな暇が全然ありません! というのが、今日大学のアコモデーションオフィスから鬼の要求「明日次のアパートに引っ越して!」と言われ、「そんな無茶な~」と言ったんですが、相当本気らしい・・・ 多分部屋の空きが足らなくて今度入ってくる新入生を入れなきゃいけないという理由なんでしょうけど、1週間引越しの猶予をくれると聞いていた僕は、「まあイギリスだからしょうがないか」と思いながら、このギリギリの鬼の要求に答えることとなってしまいました。はー明日こっちに友達来るのに・・・

ということでもう明日の引越しスタンバイOKの状態を作ってしまいました。引越しをできるだけ早く済ませて気持ちを落ち着かせたかったのでいいんですけど、この国のギリギリに動く習性はなんとかならんかなーと思う1日でした。
 

成績発表

早い。早すぎる。6週間続いたEAPコースもいよいよ明日で最後となりました。今のクラスメイト達はそれぞれ新学期からMBA、マーケティング専門、ファイナンス専門等、異なる専攻に進むため、最終日の明日は別れを惜しむためにみんなで昼飯を食いに行こうと約束をしました。

明日展示するポスター作りの方も、日本人の先輩のアドバイスを頂きつつ、なんとか完成に至り、あとは最終日の明日を待つのみとなりました。

そして今日は遂にこのコースの成績発表がありました。この6週間で自分の英語がどれくらい進歩したのか確かめる重要な日となったんですが、

まず、評価の基準は、
70%以上: 上級者・IELTS7.0-9.0,TOEFL CBT 250-300,Cambridge CPE Pass C or above に相当。
60%-69%: 中上級者・IELTS6.0/6.5,TOEFL CBT 213-249,Cambridge CPE Pass C に相当。
50%-59%: 中級者・IELTS5.0/5.5,TOEFL CBT 173-212,Cambridge CPE Pass C に相当。
40%-49%:初中級者・IELTS4.0/4.5,TOEFL CBT 133-172 に相当。
0%-39%:IELTS0-3.5,TOEFL CBT 0-132 に相当。

という感じになっていて、僕の結果は、
・64%(IELTS6.5、TOEFL CBT245、Cambridge CPE Pass C)
という結果になっていました。スキル別に見てみると、

・ライティング:66%
・スピーキング:71%
・リーディング:54%
・リスニング・ノートテイキングスキル:68%

これを見ると、日本にいる頃からIELTSでも足を引っ張っていたリーディングスキルが明らかにここでも低い。ということで新学期からただで受けられる週1度のリーディングの授業を取ることを強く担任から進められ、ちょっと興味があった週1度のスペイン語の授業も再度検討しなければならなくなりました。

やっぱり最初は本場の英語漬けの環境に触れて、飛躍的に自分の英語スキルがアップすることを期待しましたが、そんなに世の中あまちゃん
ではないということが今日はよーくわかりました。ただIELTSスコア6.5に値する評価ということで、まあ堅実に1歩前進はできたのかなと前向きに取るようにして、今後も精進していこうと思います。

成績を受け取るときに、個別に担任から説明やアドバイス等を受けたのですが、その時に、「ぶっちゃけ俺の英語どう?」って聞いたら、「発音はそんなに悪くない。ただイントネーション、言葉と言葉の繋ぎかたはもっと練習しないと駄目。」 つまり、まだロボットのようなぎこちなさがあるってことですね。特に英語はリズムや強弱をつけるのが非常に重要なんですが、あまり強調しなくていいとこがどこなのか、自分の中でも曖昧で、ここはすごい弱く喋っても相手には問題無く通じる、みたいな感覚がまだ分かんないんですよね。だから逆に自分が聴く立場の時も聞き取れないことがある。

メインの課題は、「リーディングスキルを上げて、短い時間で本や記事の要点を正確に拾う」ということですが、英語のドラマ等ももっと観て、今後は自然なイントネーションで喋れるように訓練していこうと思います。

うー明日で最後なのは悲しい!!
 

VISA延長のお話

EAP終了後は生徒全員他の住居に引っ越さなければいけないんですが、それとともに最近生徒の間で慌ただしいVISA延長の話をしたいと思います。

このEAPに参加している生徒の多くは、IELTSスコアーが6.0の条件付き合格という資格でイギリスに留学しています。僕も例に漏れずその条件に該当します。条件も色々あり、
・EAP受ければ、自動的に新学期から自分のメジャーを履修できる
・EAP終了間際にIELTSをもう1度受けて6.5が必要
等々、条件もいくつかあるようです(僕の場合は上記の前者に該当)。

この条件を満たすと、今度は大学から「正式な合格通知」というのがもらえます。で、これが入学以外に何に必要かっていうと、VISAの延長申請時にこの原本が必要なんです。

この条件付合格ホルダーの多数は、出国前に各々の国でVISAの申請をしてきてるんですけど、通常6か月しか在留許可が降りないんです。何故かっていうと条件を満たせなかった場合在留する意味がなくなるから・・・なるほど。

イギリスでVISA延長申請をすると、500ポンド(日本円で約12万円)することから、1度リフレッシュも兼ねて自分の国に帰国して、安い申請料(日本だったら約95ポンドかな?)で済ませ、9月中旬の新学期に戻ってくるという生徒もいます。
※イギリス国内でも郵送申請なら290ポンドで済むという話を聞いたことがありますが、自分で確認したわけではないので詳しくは触れません。

僕に関しての情報を提供させてもらうと、他の生徒達と全く変わらない条件付合格なのに、僕は日本のイギリス大使館で1年半のVISAをもらえたんです。出国前、ある留学関係のオリエンテーションに参加した際、大使館の査証部の人が数名参加してたので質問受付の際に、「自分の条件は満たせないということがありえないから6か月以上のVISA下りますよね?」って聞いたんですけど、「条件付は条件付だから」ときっぱり断られました。

諦められなかった僕は、いざ大使館へVISA申請に行った時に、自分なりにいくつかの作戦を立てて行ったんですけど、もし興味がある人はあえて載せないので個別に連絡下さい。まあ単純に運が良かっただけかもしれないし・・・なにはともわれVISAについては何の不安もなくこっちに居られるという訳です。

更に日本人のVISAは他のヨーロッパ諸国に旅行に行く際、都度その国にVISA申請する必要があまりないので、EAP終了後の2週間近くの休みを利用して旅行に行けるいいチャンスなんですけど、僕に関しては次のMBAへの準備期間と位置づけて、あとはこっちに遊びに来る友達にツアーガイドをしたり、できたら前から行こうと思ってたロンドンとセブンシスターズというところに行ければ満足かなという感じです。
 

プロブレム

問題が勃発しました。と言っても今日に始まったわけではなく、ちょっと前から引っ張ってた共同のキッチンの問題です。

基本的にこっちの学生が住む寮というのは、キッチンをシェアしてる形態が結構多く、僕の住まいも同様に、大体1フロア10人位でシェアする形態になっています。

で、何が問題かっていうことなんですが、ざっと箇条書きにすると、
・キッチンの使い方が汚い。
・共同の道具(フライパンとか鍋とか)をしばらく洗わない
・それが嫌だからマイフライパンとかを手に入れたけど、勝手に使われ  たことがある。そして洗ってるみたいだけど鍋のふたがなんかオイ  リー
・流しをよく詰まらせる。こっちは流しにネットとか敷かないんで、流 したらいけないものは分かるはずなのに、学習能力なし。そして誰か が解決するまで誰も動かない。結果皆がキッチンを使えない。

等々、他の日本人先輩の話によると、食い物勝手に食われたなんてこともあるみたいなんですけど、今のところそこまでの自害はありません。

僕のフロアの住人は日本人2人、イラン人の娘1人、後は中国人男女7名程という構成になっていて、大体あそこら辺の仕業かな~という目星は付けてるんですけど、完全に犯人を特定しているわけでもないので、直接犯人に話を持ちかけることができず、今回また流しが詰まった事件をきっかけに、大学のアコモデーションオフィス(住居関係の担当部)のマネージャーにクレームの連絡をしました。

内容は、今僕のフロアで起きてる事態と、こんな状況を作り出すやつ住まわせておいたら流しの修理代とか学校側にも頻繁に費用かかりますよという説明、あとどれだけ他の住人の生活に迷惑がかかるかということを書き、丁重に「何とかしてくれ」という内容を伝えました。

ちょっと大学の対応も2日後と遅かったんですけど、僕の要望通り大学側が、「うちの大学の学生の振る舞いは独立した大人の振る舞いであるべきで、他人のことを考えられない学生に対してはそれなりの制裁を課す。修理代の自己負担は勿論のこと、図書館利用の停止、ネット接続の解除(ネットは無料で利用させてもらっているため)も行う」という大変満足のいく内容の書面が今日住人全員に配られました。

ただ、EAP終了後はもう少しいい住まいに引っ越す予定なので、今週あと1週間もないんだから我慢すればいいじゃんって話なんですけど、こういう許せないことが起きるとどうしてもじっとしてられないクレーマーの僕でした。

今回しばらくキッチンが使えなかったことでかなりキレて、犯人探し出してやるとその時はかなり熱くなりましたが、まっ改善方向に向かいそうなのでよかったです。これでまた詰まらせたら、僕はもう笑って降参しまーす。

 

EAP最終週1日目

いよいよEAPコースも今週で最後ということで、今日は週初から最後のテスト(リーディング、リスニング)が行われました。全てのテスト結果は木曜に分かるらしいので、それまではあまり気にしないようにしようと思います。

これでテストは全て終わったので、今は何とも言えない開放感を感じているのですが、今週は最後の課題、ポスター造りという作業があります。これは何かというと、体半分ほどの大きさの紙に、各々がリサーチして書き上げた論文の内容を掲示するためのもので、それをマネジメントスクールの教授等が見て回って、作成者に質問したりするというものです。

今日はそのサンプルをいくつか見せてもらったりしながら、自分のポスターのレイアウトを考えるという作業を行いました。サンプルを見た限りでの僕の感想は、まずビジュアル重視で作った方が良いということ。結局生徒の数だけポスターが展示されるわけで、詳しい内容だけど文字だらけみたいな自己満足のポスターは見る方も億劫になるのではないかという想定。情報はもれなく(MECE)、でも必要最低限の情報であとはビジュアル(図、統計等)に置き換えられるものは置き換える。更にビジュアルもどこを見ればいいか工夫する、という感じで取り組みたいと思っています。

このコースは70~80名程受講者がいるのですが、上位3名までの高評価作品には、それぞれ30ポンド(約8,000円)、20ポンド、10ポンドの代用硬貨がもらえるらしいので、やるからにはチャレンジしてみようと思います。

気分も落ち着いてきたので今日は久々に自分で飯でも作ろうかな。
 

癒し系にちようび

終日今日は雨だったこともあり、すっかり部屋にこもって1日過ごしました。明日は最後のテストということもあり、大学のパソコンにアクセスして閲覧できるリーディングの練習問題をちょっとやってみたり、リスニング力強化のためテレビのコメディー番組を真剣に観たり、こんな過ごし方もなかなか良いなと思いながらの癒しの一日でした。

そんな中でも、こっちに来てから一番癒される至福の時が、風呂もあがっていい感じの日曜夜10:30からBBCで放送されている「マッチ・オブ・ザ・デイ」という番組を紅茶かコーヒーを飲みながらまったり観るというのが、毎週一度の心のオアシスのようなひと時になっています。

この番組はプレミアリーグのその週のハイライト番組なんですが、結構テクニカルな解説付きだったり、番組の司会が日本でもお馴染みのリネカーだったりで、かなり楽しめる番組なんです。試合の解説を聞きながら、聞きとれたけど意味が分からない単語などを辞書片手に調べるのが僕の中での趣味になっていて、今日は「deflection!!(シュート等が誰かに当たってコースが変わったとき)」、「magnificent cross!!(シュート外したら申し訳ないくらいの極上のクロスボール)」等々、今日も結構収穫がありました。

そんな中、前から面白いなと思ってたのが、解説者が頻繁に「lovely」って言葉を使うんです。「lovely pass」、「lovely cross」等、僕の中でのラブリーって女子高生が使う「超かわいんですけど~(アクセントに注意)」みたいなイメージがあったんで、ラブリーなパスって、可愛い子犬がキャンキャン言いながら仲間のとこまで飛んで行くようなパスのことなのかなと思っていたんですけど、一応辞書で調べた限りでは、「心地いいパス」つまり、「いい感じのパス」ってことだと理解しています。みやっちFCでいったらキャプテンの優しくて正確なパスのことをそういう表現で言うのかもしれないですね。

こんな状況あるのか分かりませんが、もしこっちでサッカーをしているときに、「お前のさっきのパス、ラブリーだったよ」」と仲間から言われたら、危なくゲイと勘違いしてしまうところでした。

P.S.ノブさん、今日も有難うございました!
 

EAP(5/6)終了

時間が経つのが早い・・・。EAPも早5週間が過ぎ、もう来週で卒業というところまで来てしまいました。今の心境としては、日本を発ったときに比べれば自分の英語は少しはましになったと思いますが、9月からのMBAで英語にはそんなに不自由しないかといったら、120%NOです。なので勉強以外でも、遊び、部屋にいる時、キッチンで誰かにあったとき等々、すべての環境を英語上達のためのいい機会だと思って、ここからの1年、質の高いものにしようと思います。

昨日は日本人の先輩主催で、先輩の代の方々とフットサル、夜は飲みに参加してきました。前回初めてこっちでフットサルをやったと書きましたが、この前は室内、今回は初めて日本でもお馴染みの屋外人工芝のコートでプレーしました。前回よりもレベルが高く、中には元アゼルバイジャン代表の人もいたとのことで、いい経験をさせてもらいました。ただ前回負傷した足の親指の爪を更にまた痛めてしまい、今は靴下も恐る恐る履かないとかなり痛むので、しばらくは休養が必要そうです・・・残念

やっぱ一番の薬は酒だということで、夜は現役生、僕ら新入生計12人位いたのでしょうか、かなり大人数の飲みに参加してきました。今回は他の国からの方、ネイティブの方も居て、あるクラブに就職が決まってる人、パートタイム(2年かけて受講)で受講している人、また違う話が聞けて夜も貴重な経験をさせてもらいました。やっぱりスキルが自分より上の日本人先輩の英語での会話を聞いていると、正直焦るとともに、日々研鑽していかなければとしみじみ思いながらギネスをすすってました。

今日は日本の英語学校で一緒だった日本人の友人がこちらに訪れる予定なので、お互い英語がどれだけ上達したか英語で会話にチャレンジしたいと思います。

よい週末を
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。