prev09next
sunmontuewedthufrisat
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930----

プロフィール

shin

Author:shin
現在The University of Liverpool/Football Industries MBA 2007-2008 受講のためイギリスへ留学中

サッカークラブ:みやっちFC、ヴィーナスの活動記録や日々の日記等

E-mail: sasser3309@live.jp

Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

The Long and Winding Road

遂に1年間走り切った・・・

予想以上に見直しに時間がかかり、締切前日の今日初めて書き上げた論文をプリントアウト。
印刷、製本してみて初めてやっぱりとてつもない作業だったんだと改めて感じる。

ワード数17,923。総ページ数123。

この時期は多くの生徒が同じように提出するので、受け取るオフィスのおばちゃんにとってはその中の一つに過ぎないんだろうけど、自分は提出するとき相当気合いが入った。

そして提出した後・・・・・感じたことのないような開放感が一気に体を包む。

もう自分を追ってくる課題は何も無い。

今は図書館の中だけど気分はパラダイスにいる感じ。

今日は飲む!!








スポンサーサイト
 

気付けば時間は経ってるんですね

まだ完全にコースは終了していませんが、この1年早いようで相当中身が濃く、1日1日、瞬間瞬間が真剣勝負の毎日だた為、自分は結構長く感じていました。

今日も仕事終を終えすぐ大学の図書館に移動。その途中大学主催の新入生歓迎イベントの人だかりに遭遇。確か夜は豪華なホテルにかなりの人数で食事に行ったような記憶が・・・。恐らくその移動の合間かと思われます。

ひとつ感じたのは、新入生の目の輝きが眩しかった!傍を通っただけでかなりのときめき感をもらいました(笑)

もう1年このコースやれと言われたらきっぱり断りますが、あのときめき感はもう味わえないと思うと少し寂しい・・・

FIMBAの日本人新入生二人にも充実した1年を送ってほしい。

ちなみにコースの最新情報やリバプールでの日々のことなどは新入生ワッキーのブログで要チェックできます。僕のブログもあと少し続くと思いますが卒業が決まったときのエントリーを最終回にしようかなと考えています。

ワッキーのブログ 「情熱をいつまでも」
http://kbs56.seesaa.net/ 



 

少し先までの決意

自分が生涯に渡って成し遂げたいことがあり、その過程を考えるということはかなり頭が疲れる作業。

ただ一つ決めたことは、ビザが切れる1月末までの4ヶ月間は今の会社でとことん仕事に集中してみようと思う。自分の中でもその時期までは会社に貢献できるイメージが湧くし、逆にその先は本当にネイティブ並みの英語力で交渉やミーティングをこなせるスキルが無ければ更にその先の仕事については役に立たなくなりそうなイメージもある。会社が半年から1年は必要だと言ってくれたのもそういうことからだと自分では理解している。

実際自分の英語力は、日本の企業の人間として海外の相手と話をすることができる程度だとは思うが、普段の職場で早い口調やネイティブ特有の言い回し、きついアクセントにはまだまだ対応できずに苦しんでいる。何気ない会話やジョークで職場の雰囲気を作るということに参加できないのは非常にもどかしい。毎日思いっきり壁にぶつかっている実感がある。

だからこそ乗り越えたい。まず悔しいし。あと少なくとも4ヶ月、石にかじりつくように頑張ればもっと自分の英語もましになるはず。実は同じ職場に自分より後に入ってきたインド人のコースメイトが一人いる。彼の英語力はIELTで8.5(ほぼ満点)。スラングや特有の言い回には対応できないかもしれないが普段の会話や電話対応等、ほぼ問題無くこなす。彼はいい見本だし、近くでそれを見てしまうと、そのレベルまでは絶対行きたいと思ってしまう。

それに加え、将来にどうつながるか分からないが、あと4ヶ月今の会社の内部を見れるというのも貴重な経験であることは間違いない。今は課題や論文のプレッシャーから一気に解放され、より仕事や英語力の強化に集中できる環境もできた。そしてこれから数か月の間、自分のことについて納得いくまで考える時間もできるだろう。今年からマスターを持っていれば卒業後1年(2年かも)はビザを更新できる。帰国するかこっちに残るか、ビザが切れるまでの間は仕事もしているし、考えるには丁度いい期間だと思っている。あと切実な話、給料もらえてるのがでかい(笑)贅沢しなければ家賃や光熱費、食費、全ての生活費は賄えるし、それが無かったら強制帰国するようだった・・・。

後は自分を信じるのみ!

 

この先

今日は論文のことを一度忘れて、その先のことについて考えてみた。リバプールに来てからこの先自分が成し遂げたいことについて、大義という部分では強固になったと思う。

ただその間の過程を考えるとまだ正直はっきりとした答えがでない。

インターン先もフルタイムの雇用はなさそうだけど、あと半年から1年位は自分のことを必要としてくれてるようで、給料もそれなりの額をもらえるかもしれないという話。まだ確かではないけど・・・

その経験が更にその先の将来どう生きるか等考えるときりがなくなってきて煮詰まる。

とことん考える時間が来たようです。
 

遂に終わった・・・

仕事を終え図書館へ直行、チャンピオンズリーグ観戦を断腸の思いで断念しパソコンに向かうこと4時間。

ついに修論が完成。

泣きそう。





 

静かな日々

今日も朝から図書館に来てひたすら論文ですが、かなりの生徒がもう自国に帰って論文を書いていたり、新学期がまだ始まっていないという状況なので図書館内はかなり閑散としています。100メートル先の車の走行音も聞こえてきそうな。学期中は席が空くのを待つ列とか見たことあるんですけどね・・・。

論文は昨日ファーストドラフト(第1稿)のフィードバックを担当の教授からもらい比較的良い内容だったのでほっとしています。勿論指摘されたこともいくつかあるのでこれから修正作業ですが、根本的に書き直せ!みたいなこと言われたらどうしようとかなり不安だったので精神的ストレスからは解放されました。

今日はリバプールVSマンUの大一番。チケットは手に入らなかったので一人淋しくパブで応援してこようと思います。
 

引越し完了

何とか引っ越しを無事終えました。学校のフラットを出て行くのは自分だけではないので、昨夜フラット全体が集団夜逃げのような様になってました(笑)まあこの時期の風物詩的なものですね。

新居は、

目の前が墓場というGood Location!
部屋の鍵がドラクエに出てきそうなやつ。Good Security!!
地元のヤンキーの多いエリア Good Environment!!!

人生何でも経験することが大事。
一つ、お手頃価格の庶民派大型スーパーがすぐ近くにあるのでこれさえあれば全く問題ありません。

部屋のネット環境環境を失った自分は今大学の図書館の電波使って更新しています。しばらくは会社→図書館→帰って寝るだけ→また次の日会社という生活になりそうです。1週間後はTaku、メキシコ人のコースメイトEflenと3人で家借りて一緒に住む予定です。Eflenがいることで会話は英語になりますから、彼が一緒に入ってくれて良かったと思っています。

今日は仕事休ませてもらったので残りの半日とこの土日をフルに使って論文終わらせます。
 

感慨深い

遂に長らく住んだ部屋ともお別れです。一時的に短期のアパートに2週間程住むために引っ越し、そのあとまたすぐ引っ越します。

今日はNO残業で5時と同時に会社からダッシュでこれから荷造りの続き。今日はとりあえず荷物に囲まれて寝て、明日早朝に鍵返して引っ越しの予定です。あとフラットメイトもみんな出て行くようだし、ここ数日で会ってない奴らに挨拶に行こう。

本当に慌ただしい日々で頭も体もへろへろですが、

DSC01998.jpg

窓からこれ見たら何か落ち着きました。

明日は仕事の休みもらえたのでとりあえず引っ越しに集中。
 

気合い&根性

最近特に忙しい仕事、部屋の契約期間切れによる引っ越しの準備、迫りくる論文の期限、今FIMBA生活最大の嵐の中です。

こういう状況でイラつかないのが最近のテーマです。

 

うぉーーーーーーーーー!!!

と叫びたくなるほど今は時間との戦い。集中力ちょっと切れたので束の間の更新タイムです。

今は頭を使うというより気合いと根性の世界にいるような気が・・・。
コーヒー本日5杯目行ってきます!
 

あせらず

論文が遂に14,000ワードに到達。15,000ワードが基準ですが、まだ書くことがあるので最終的には18,000ワード程の論文になりそうで、あと残り4,000。通常のアサイメント1つ分です。

ただ先週は論文執筆があまり進められなかったこと、そして今週部屋の契約が切れて引っ越さなければいけないことによりちょっと気分は焦り気味です。こういう時こそ焦らずもう一度予定を精査して忠実に取り組むことが必要ですね。仕事もまだ続ける予定なので時間との戦いです。絶対勝つ!

今年一番の集中力をください。
 

普段の生活へ戻る

今週はスケジュール的にハードな1週間でした。仕事、なぜか今週は多かった残業、論文、そして短期的な仕事があり24時間が非常に短く、睡眠不足も今日で限界に達し10秒あればいつでも寝れます(笑)

そんな中今週は久々にローガン教授とも会う機会があり、相変わらず忙しそうな感じなので会うこと自体が最近は貴重ですが、それでも少しは会話出来たので良かった。短い時間でも「頑張ってんのか?」「仕事はどうだ?」と気遣ってくれるあのブレない姿勢、器でか。

論文のことが気になって仕方ないですが今日はゆっくり休んで明日から本格的に再度没頭します。

遂にFIMBAも第4コーナーを曲がり最後の直線です。死んでもダッシュしてやるというとこですね。

ではー
 

多忙

インターン、論文、そして短期のお手伝い事、ちょっと今久々に「やばいな。。。」と思ってしまう忙しい生活を強いられています。

またゆっくりと・・・
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。