prev11next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--

プロフィール

shin

Author:shin
現在The University of Liverpool/Football Industries MBA 2007-2008 受講のためイギリスへ留学中

サッカークラブ:みやっちFC、ヴィーナスの活動記録や日々の日記等

E-mail: sasser3309@live.jp

Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
コメント
コメントを投稿する

信頼感

ちょっと人に対する信頼感を損ねるような出来事がありました。

課題で忙しかった頃から、「課題が終わったら担当教授とすぐ修論の件でミーティングする機会を一度設けたいな」と思っていたのでその頃に事前にアポを取っておく為にメールをしていました。しかし一向に返事が来なかったので何回かその後も送り、念のため自分の違うメールアドレスからも1度メールを送りしばし待てど結局返事は来ず・・・。

その後何故かその教授から、「私が担当の生徒は今度ミーティングやるから指定の日に来れるか返事するように」とのメールが来たので、その時点でなんかおかしいと首をかしげましたが、まあ自分以外にも一日100件位メールが来て読む暇がないのかもしれないと前向きにとらえ、今度こそはとその教授から来たメールに、「ミーティングお願いします」とすぐ返事を送る。

またその後連絡が来なかったので、「ちゃんとアポ取れてるのか不安だからそれだけ知りたい」とメールを送ったのですが、結局返信が無いままミーティングが予定されていた日になり、そこでやっとその教授から返信のメールが届きました。そこに書かれていたのは、

「最近自宅で忙しくエッセイのマーキングをしていたが、自宅のPCが壊れてメールが見れなかった。ごめん。来週でいい?」とのこと。

「はっはー、なるほどねー、そうかそうかー」と思いましたが、この教授が担当している他の生徒2人に状況を聞いてみたら、「問題無くアポ取れたよ」とのこと。教授からのメールを返信した時期もほぼ同じタイミング。それ故、「自宅のPCが壊れて」という部分に深い疑問の念を抱いてしまいます。「忙しかった。ごめん。」だけだったら、多少「おいおい」とは思うでしょうが、まあ仕方ないなという気持ちになれますが、何故いらない言い訳を付け加えたのか、正直この教授に対しての信頼感が一気にガタ落ちしました。特に個人的な恨みを買うような出来事もないはずです。

担当教授を変えてもらうというのはそんなに簡単ではないような気がするので、次のミーティングの際、この件を踏まえてどこまで親身に対応してくれるのかと、牽制のためのジャブは打っておこうと思います。それでも結構いい加減な対応されたら仕方ないですが何か方法を考えないといけなそうです。

結構良いイメージを持っていた教授だけにかなーーーり残念っす。
スポンサーサイト
 
コメント
コメントを投稿する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。