prev11next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--

プロフィール

shin

Author:shin
現在The University of Liverpool/Football Industries MBA 2007-2008 受講のためイギリスへ留学中

サッカークラブ:みやっちFC、ヴィーナスの活動記録や日々の日記等

E-mail: sasser3309@live.jp

Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
コメント
コメントを投稿する

いじられキャラ

お陰様で大分インターン先の雰囲気にも慣れてきて、初日に比べたら遥かにリラックスして仕事させてもらってます。特に最近はオフで最初の頃居なかったアメリカ人のスタッフに可愛がられ(いじられ)、他のイギリス人のスタッフがそれにかぶせてくるという徐々にいい感じのポジションを確立しつつあります(笑)自分からもなるべく話しかけるように頑張っているのも少しずつプラスになってきているかな?

このネイティブに対して積極的に話しかける効果は二つあると思っていて、ひとつは「こいつ、ちゃんと喋るんだな」と相手に思わせること。もう一つは、会話をスムーズにさせる為に自分の英語のスキルを知ってもらうこと。特に二つ目は自分の中では重要だと思っていて、相手もどの程度の英語力の奴なのか分からないから話かけづらいっていうのはあると思うんです。だから躊躇せずに、「自分はこの程度のEnglish Speakerですが何か?」という位の気構えの方が結果お互いにその後のコミュニケーションがスムーズに行く、と思っています。

話は戻りますが、自分としてはいじられたときの返しが全然駄目で、例えば集中してPCに向かっているとき、いたずらでいきなり後ろから椅子をシェイクされ(お互いいい大人)、表情のリアクションはばっちり出来ても言葉の返しが全然駄目(笑) その時は向いのスタッフが「Behave! (こら、行儀よくしろ!←多分こういう意味)」ととっさに言ってくれ、そういう些細なフレーズも自分としてはかなり勉強になってるんです。

あとユーモアのセンスもやっぱり日本と違うとこあるし、リアクションの前にその意味を理解することに時間がかかってリアクションのタイミング逃したり、まだまだ学ぶこと多いです。って全く仕事と関係無い(笑)

これまでは大学で様々な国から来ている留学生の多い国際的な環境に慣れたという感じですが、今の環境は本当のイギリス文化の中で生活している感じです。イギリスでの職場、大学近辺と異なりオフィスの辺りも殆どイギリス人(だと思う)。とにかく自分のようなアジア系の人間がかなり珍しい場所なので、やはり環境は今までと違うし色々な面においてやはり今一番高みにチャレンジしているという実感があります。

さて、これから論文やります・・・。
スポンサーサイト
 
コメント
コメントを投稿する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。