prev11next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--

プロフィール

shin

Author:shin
現在The University of Liverpool/Football Industries MBA 2007-2008 受講のためイギリスへ留学中

サッカークラブ:みやっちFC、ヴィーナスの活動記録や日々の日記等

E-mail: sasser3309@live.jp

Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
コメント
コメントを投稿する

少し先までの決意

自分が生涯に渡って成し遂げたいことがあり、その過程を考えるということはかなり頭が疲れる作業。

ただ一つ決めたことは、ビザが切れる1月末までの4ヶ月間は今の会社でとことん仕事に集中してみようと思う。自分の中でもその時期までは会社に貢献できるイメージが湧くし、逆にその先は本当にネイティブ並みの英語力で交渉やミーティングをこなせるスキルが無ければ更にその先の仕事については役に立たなくなりそうなイメージもある。会社が半年から1年は必要だと言ってくれたのもそういうことからだと自分では理解している。

実際自分の英語力は、日本の企業の人間として海外の相手と話をすることができる程度だとは思うが、普段の職場で早い口調やネイティブ特有の言い回し、きついアクセントにはまだまだ対応できずに苦しんでいる。何気ない会話やジョークで職場の雰囲気を作るということに参加できないのは非常にもどかしい。毎日思いっきり壁にぶつかっている実感がある。

だからこそ乗り越えたい。まず悔しいし。あと少なくとも4ヶ月、石にかじりつくように頑張ればもっと自分の英語もましになるはず。実は同じ職場に自分より後に入ってきたインド人のコースメイトが一人いる。彼の英語力はIELTで8.5(ほぼ満点)。スラングや特有の言い回には対応できないかもしれないが普段の会話や電話対応等、ほぼ問題無くこなす。彼はいい見本だし、近くでそれを見てしまうと、そのレベルまでは絶対行きたいと思ってしまう。

それに加え、将来にどうつながるか分からないが、あと4ヶ月今の会社の内部を見れるというのも貴重な経験であることは間違いない。今は課題や論文のプレッシャーから一気に解放され、より仕事や英語力の強化に集中できる環境もできた。そしてこれから数か月の間、自分のことについて納得いくまで考える時間もできるだろう。今年からマスターを持っていれば卒業後1年(2年かも)はビザを更新できる。帰国するかこっちに残るか、ビザが切れるまでの間は仕事もしているし、考えるには丁度いい期間だと思っている。あと切実な話、給料もらえてるのがでかい(笑)贅沢しなければ家賃や光熱費、食費、全ての生活費は賄えるし、それが無かったら強制帰国するようだった・・・。

後は自分を信じるのみ!

スポンサーサイト
 
コメント
コメントを投稿する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。